瑛人さんの新曲名が「ライナウ」という事ですが、「ライナウ」の意味や由来は?また「歌詞ドリ」の「意味」や「語源」は何を指しているのでしょうか?どちらとも何かの略語のようにも思えますがとても気になったので調べてみました。
 
瑛人の新曲ライナウ関連記事
瑛人の「ライナウ」のMV動画出演の男女学生は誰?全キャストを紹介!
 
「香水」で話題の「瑛人」が新曲「ライナウ」を発表!「歌詞ドリ」の応募方法も紹介!

 
 
 

Sponsored Links


 

瑛人の新曲「ライナウ」の意味や語源は?

 
「ライナウ」で検索すると「ドイツ語」の「Rainau」でドイツにある「町村」が見つかりますがこれは違う事が分かります。
 
「ライナウ」の意味や語源についてはっきりとしたことは今のところ分かっていません。そのため現時点で予測を立ててみました。なお、分かり次第追記致します。
 

ライナウは「ライトナウ(Right Now)」の略語?

 
「ライナウ」を検索してみると「ライナウ 意味」というキーワードが現れますのでそちらを確認してみると「right now」というのが一番最初の行に表示されています。
 

twitterで「ライナウ」は「Right Now」の略語

 
kat-tunの「曲」である「Right Now」を「ライナウ」と表現


 
 
V6の「曲」である「Right Now」を「ライナウ」と表現


 
こちらも英語の「Right Now」を「ライナウ」と表現


 
そう考えると、今回の「瑛人」さんの新曲「ライナウ」も「Right Now(ライトナウ)」を略して「ライナウ」にした可能性は高そうに思えます。
 
つまり、「ライナウ」を正しく表記すると「ライトナウ(ritght now)」となり意味としては「たった今(ちょうど今)」とか「即座に」とか言う意味を表します。
 

瑛人の新曲「ライナウ」の歌詞から判断

 
「瑛人」さんの新曲「ライナウ」は「何気ない青春時代の日常生活」を歌った曲のように思えます。そして「ライナウ」の部分は
 

「明日に持ちこせないドキドキほしいなライナウ」


となっています。
 
「明日に持ちこせないドキドキ感」が「今すぐに欲しいな」って考えるとそれほど違和感は感じませんね。
 
やはり、「ライナウ」は「Right Now(ライトナウ)」の略語と考えるのが妥当に思えます。
 

追記:「ライナウ」の意味は「right now」と発表!

ヤフーニュースより次の発表がありました。

「ライナウ」=「right now」人それぞれに「ライナウ」の捉え方はあるが、どんな時や場所でも“今”起こっている事がなんか楽しかったり、大事に思えると良いなあと思い、今回この曲を作りました。是非沢山の人に聴いて欲しいです!


引用元:ヤフーニュース(BARKS)
 
やはり、予想通りでしたね。確かに、「過去」を悔やんでも仕方がないし、先の予測できない「未来」をむやみやたらに不安がっていても仕方がない。「今」が一番大事で、「今」を大事にすることで明るい未来がまっている。今回の曲は「今」を楽しく生きる事の大切さをあらためて気づかせてくれるの曲の様な気がします。
 

Sponsored Links


 

「歌詞ドリ」の意味や由来は?

 
もう一つ、「歌詞ドリ」って何だろうなって思いましたが、公式サイトの説明を見ると「ピントきた歌詞で歌詞ドル」という説明があるので「歌詞ドル」は「歌詞を撮る」という意味で「歌詞撮る」だと思われます。
 
そう考えると「歌詞ドリ」は「歌詞撮り」と考えられます。また「歌詞を切り取り」するので「歌詞取り」なんて考えもあるかもしれません。
 
公式サイトには

「瑛人の新曲歌詞どおり撮ってみた!#歌詞ドリ」


と書かれているので、もしかしたら「歌詞どおり」を略した「歌詞どり」と「歌詞撮り」を合わせたものなのかもしれません。
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links