本日のノンストップで
放送されたニュース
を見ていると
 
 
記者が突然
「あ~ごめんなさい、無理だなこれは」
という場面で映像が切れてしまいました。
 
 
ネットでも騒然となっています。
「一体何があったんだ?」
「単なる放送事故?」

 
そこで今回は
記者が
「あ~、無理だなこれは!?」
の意味について調べてみようと思います。
 

Sponsored Links
 

ノンストップの放送の流れ

 
 
ノンストップの途中の
ニュースの場面です。
 
 
この発言が出たのは
 
 
「トランプ氏が米朝首脳会談」
する事によって
「首相も4月初旬訪米する」

というニュースを伝えている
時でした。
 
 
最初はワシントンから
の中継が終わった後に
 
 
「国会記者会館」
から最新情報を伝える際に
 
 
記者団のぶら下がりの発言の
映像に流した後に
 
 
記者が次のような事を言ってました
「記者団のぶら下がりで
安倍総理大臣が
トランプ大統領と会談して成果を語り、
 
 
日本政府が対話によって
変わったことが無いので、
日米韓の圧力訴えてきたが
 
 
今回の方針が変わってしまったわけで
安倍総理は4月上旬に北朝鮮」
と言って
 
 
トランプ大統領の映像が映った後に
「あ~ごめんなさい、無理だな~これは」
という言葉が残ってしまったという事です。
 

Sponsored Links
 

無理だなこれはの意味や真相

 
 
「一体何が無理だったんでしょうか?」
 
 
「何かの文章を見て
記者がこれは放送出来ない」

と判断したのでしょうか?
 
 
最近のメディアは
一部の噂によると
政権に監視されていると
いう噂もあります
 
 
これはあくまでも噂ですが
「政権に都合の悪い放送が
放送されなくなっている」

等の声もあります。
 
 
「古賀茂明」氏も
政権批判したので
「報道ステーション」
から降ろされた等という噂もあります。
 
 
今回も、
記事が政権批判の記事で
記者がそれを判断して
政権批判にならないように
「無理だな?」と言った

 
 
と考える事も出来ますが
 
 
予め原稿を渡されていると思いますし、
報道をするのが無理な内容は
「原稿を渡す前にチェックされる」
と思いますのでこれは考えづらいです。
 
 
それとも、
突然、
「速報が記者の元に届き」
 
 
これは国民に知らせる事が出来ない
あるいは自分では放送できないという
凄い内容だったのでしょうか

 
 
先ほど
森友学園で書き換え役だった
のではないかという
近畿財務職員がなくなった
との報道がありました。
 
 
もしかしたら
近畿財務局の方が
なくなられたニュースが
突然飛び込んで来て
「ショックが大きすぎて
放送出来なかったの」


「これは無理」
と判断したのでしょうか?
 
 
いずれにせよ、この報道は放送されるので
これもちょっと考えづらいですね。

 
 
あくまでも私の予想ですが
この記者の方は
最初から結構原稿を読む際に
少し緊張していたのか
最初、ちょっと
「先ほど、安倍総理大臣は~え~」
の後に、
かんでいたように感じます。

 
 
また、安倍総理の映像が終わる
と同時に
この記者が話し始めましたが
 
 
「安倍総理大臣は、
さきほどトランプ大統領と
会談した成果を」
の後に
「かんでいるよう」
にも思えますし
 
 
⇒ 詳しい動画はこちら
 
 
記者の顔が映った後に
最後の方で記者が完全に
 
 
「安倍総理先ほど答えたように4月上旬に」
の後に
「え~」

で固まってしまい
「え~っと」
と言う声も入っています。
 
 
どうも、
「この記者が焦っている」
ようにも思えます。
 
 
トランプ大統領の画面が移って
「北朝鮮と」
と言って
「あっ、ごめんなさい」
と言ってます。
 
 
おそらく、
「単純に時間が足りなかったのではないでしょうか?」
 
 
映像と残りの時間で
自分の話す内容がしゃべられないので
「あっ、ごめんなさい」
と誤って
つい、
まだ、放送されているのも忘れて
本音で
「無理だな~これは」
とつい喋ってしまったのではないでしょうか?

 
 
そうでなければ、
何らかの事情が
番組サイドから
発表されると思いますが
 
 
その辺の事情も発表されないところ
をみると、
「この記者の単純なミス」
ではないかなと思われます。
 
 
それにしても
この記者の人
日村さんに似ていません!?


最初
「日村」さんが眼鏡
かけて出てきたのかと思いました。
 
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links