Sponsored Links

ノーベル賞、2019年度の受賞者の名前が
先日の7日より発表となっています。
 
惜しくも、
ノーベル生理学・医学賞で
受賞した日本人はいませんでした。
 
10月8日で
「ノーベル賞(物理学賞)」
を取る可能性の高い人たちを調べてみようと思います。

 
この記事では、東北大学「大野英男教授」を調べてみました。
 
「大野英男教授のwiki風プロフィール」
「大野英男教授の経歴や研究内容」
「大野英男教授の嫁や子供は?」

等について説明します。
 

Sponsored Links


 
 
 
ノーベル賞関連 関連記事

 
 

大野英男教授のwiki風プロフィール

 


 
生年月日:1954年12月18日
年齢:64歳
出身:東京都
 
wikipediaによると

父親は「大野公男」さん。
北大の科学者で大学名誉教授
 
叔父さんは「大野正男」さん。
弁護士で元最高裁判事
 
祖父は「大野龍太」さん
元大蔵次官。


 
家系は
かなり実績のある人ぞろいで
かなり明晰な頭脳の持ち主。
 
父親が大学教授だったとしたら
イメージ的にはかなり厳格な父親だったのでは
ないかなと感じます。
 
でも、間違いなく理系の血筋は
父親の遺伝を引き継ぎましたね。

 
大野英男教授の著書


 
大野英男教授の学歴を調べてみると
 
出身高校は「北海道札幌南高等学校」
偏差値70超えの北海道でも超優秀高です。
 
出身大学は「東京大学工学部」となっています。
 
また、「東京大学工学部」を卒業した後
「東京大学大学院工学系研究科電子工学専攻」
の修士課程を経て、工学博士も取得されています。

 

Sponsored Links


 

大野英男教授の経歴や研究内容

 
大野英男教授は
北海道大学工学部の講師に就任した後
次のような経歴を経ています
 
経歴
1983年:北海道大学工学部の助教授
1988年:IBMのトーマス・J・ワトソン研究所で客員研究員
1994年: 東北大学工学部の教授
1995年: 東北大学電気通信研究所の教授
2018年: 東北大学の総長
 
研究内容としては
主に半導体の研究で
磁石の性質を持つ半導体「磁性半導体」を開発されています

 
 
「スピントロニクスの基礎研究と応用研究」
をされており、まだ世に出ていない、
新しい集積回路の研究をされています。
 
 

大野英男教授の嫁や子供

 
結婚されて嫁さんはいるようですが
子供の存在は分かっていません、
 
大野家の家系の記事を確認してみると
 
⇒ 大野家の家系の記事はこちら
 
妻しか出ておらず、
子供さんがいないようにも見えますが
実際のところは良く分かっていません。
 
研究に忙しく、
昼夜問わず、研究に力を注いでいたと思われますし
子供が出来ると
なかなか研究に集中が出来ないと言う事もありそうなので
 
あえて、子供さんを
作らなかったと言う事もありそうですね。
 
子供さんがいたとかの
何か新しい情報が分かれば追記します。
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


 
 
ノーベル賞関連 関連記事