Sponsored Links

ノーベル賞2019の受賞者の発表が
2019年10月7日より開始されました。
 
初日のノーベル生理学・医学賞からは
日本人候補者が選ばれる事は
残念ながらありませんでした。
 
10月8日に発表される
「ノーベル賞(物理学賞)の候補」
の呼び声が高い人たちを調べてみようと思います。
 
こちらの記事では、「田島俊樹教授」に注目しています。
 
次の事を調査してみようと思います。
「田島俊樹教授のwiki風プロフィールや経歴について」
「田島俊樹教授の研究についてや内容は?」
「田島俊樹教授の嫁や子供について」

 
早速調査してみましょう!
 

Sponsored Links


 
 
 
ノーベル賞関連 関連記事

 
 

田島俊樹教授のwiki風プロフィールや経歴

 


 
生年月日:1948年1月18日
年齢:71歳
出身:愛知県出身
 
アメリカ物理学会より
ハンス・アルヴェーン賞を受賞されており
ノーベル賞(ノーベル物理学賞)受賞の期待が
高まります。
 
弟さんは
「田島正樹」さんで
千葉大学名誉教授です。

 
残念ながら出身高校は分かっていませんが
「東京大学理学部」を
卒業されている事は判明しています。

 
その後
「東京大学理学部物理学科修士課程」を修了し
「カリフォルニア大学アーバイン校理学部物理学科博士課程」を修了

されています。
 
経歴
昭和50年12月 カリフォルニア大学アーバイン校ポストドク
昭和51年2月 カリフォルニア大学ロサンジェルス校研究員
昭和55年9月 テキサス大学オースティン校物理学助教授、準教授、正教授、The Jane and Roland Blumberg 特別教授
 
平成元年10月 スーパーコライダー所員
平成10年11月 ローレンスリバモア国立研究所特別顧問
平成12年10月 スタンフォード大学線型加速器センター特別プロジェクト員
平成14年4月 日本原子力研究所関西研究所 光量子科学研究センター研究主幹
平成14年10月 日本原子力研究所関西研究所長
平成17年10月 独立行政法人日本原子力研究開発機構関西光科学研究所長
 

Sponsored Links


 

田島俊樹教授の研究についてや内容は?

 
「田島俊樹教授」の
主な研究分野は,
「高強度場科学,プラズマ物理。」
です。
 
「レーザー粒子加速器」による
「ピンポイントの粒子線がん治療」
への応用です。

 

田島俊樹教授の嫁や子供について

 
次のような記事が見つかりました。
 

趣味はラブラドール,テニス,読書。家族は妻,娘,息子。


出典元:パリティ
 
この情報によると、嫁さん、娘。息子さん
がいるようです。

 
また、
「田島俊樹 夫婦」
で検索すると
次のような情報がネット上に出てきます。赤い四角枠参照

 

共にミュンヘン大学で研究を行う地球環境科学部の田島文子(たじま ふみこ)教授と、
物理学部の田島俊樹(たじま としき)教授の研究者夫婦。


 
これが本当の上なのかは分かりませんが
本当であれば、ご夫婦そろって
大学の教授をされている事になりますので
おそらく、息子や娘は頭の良い遺伝子が
受け継がれている事と思われます。

Sponsored Links
Sponsored Links


 
 
ノーベル賞関連 関連記事