Sponsored Links

2019年度のノーベル賞を受賞した人の名前が
10月7日より開始されました。
 
初日のノーベル生理学・医学賞からは
日本人候補者が選ばれる事は
残念ながらありませんでした。
 
10月8日に発表される
「ノーベル賞(物理学賞)の候補」
の呼び声が高い人たちを調べてみようと思います。
 
今回は、「本間希樹教授」を調べてみました。
「本間希樹教授のwiki風プロフィール」
「本間希樹教授の出身高校や出身大学は?」
「本間希樹教授の研究内容や経歴は?」
「本間希樹教授の嫁は?」
「本間希樹教授の両親は?」

等について紹介します。
 

Sponsored Links


 
 
 
ノーベル賞関連 関連記事

 
 

本間希樹教授のwiki風プロフィール

 


 
生年月日:1971年
出身:
年齢:48歳位
出身:アメリカ合衆国テキサス州生まれ
 
過去に、情熱大陸で出演されています。
 
基本的に音楽が好きで
子供の頃からバイオリンをされており、
大学でもオーケストラに入られていたみたいです。

 
子供の頃からバイオリンをされていた
と言うのを聞くと
何となくいいところのお坊ちゃまという
感じがしますね。
 
小さい頃から星を眺めるのが大好きで
自然科学の研究者を目指していたみたいです。

 

Sponsored Links


 

本間希樹教授の出身高校や出身大学は?

 
本間希樹教授の
学歴をネット上で調べてみると・・・


 


 
また一部の記事ではこんな情報が・・・

本間氏のホームページによると、1971年、米国テキサス州生まれ
。神奈川県の栄光学園中学、高校から90年に東大理科1類に合格。
92年に理学部天文学科に進んだ。94年東大大学院に入り、
99年には20代で理学博士の学位を取得した。


出典元:zakzak
 
上記の情報から
 
出身中学校は「栄光学園中学」
出身高校は「栄光学園高校」

 
どちらも、私立の中高一貫校のようです。
 
何と「栄光学園高校」の
偏差値は70超えという
超天才エリート学校
 

Sponsored Links


 
もちろん、大学は
当然ながら、「天下の東京大学」
入学したのは「東大1類」で
「理学部天文学科」に進まれています。
 
もちろん、東大卒業後は直ぐに
「東京大学大学院」まで進まれています。
 
大学院生時代に
「電波による銀河の研究」
にもかなり長けており
論文の出来も素晴らしく
将来的に「良い天文学者になる」
と注目はされていたみたいです。

 
イケメンで超紳士的なので
間違いなく、
女性には絶大的な人気があったように
思えます。
 
頭が良くて、ルックスがいいって
ずる過ぎですw。
 

本間希樹教授の研究内容や経歴は?

 
主な研究分野は「銀河系天文学」で
現在は、「国立天文台のVERA」を使用して
銀河系の3次元構造の研究開発を行っています。

 
最新の「電波望遠鏡」を利用して
「ブラックホール姿を世界で初めて撮影」しました。
 

VERAとは?

 
wikipediaによると
 

超長基線電波干渉法 (VLBI) による
電波位置天文学を探求する日本の計画のこと。
 
VERAの目的:
4基の口径20m電波望遠鏡を用いて
銀河系内に存在するメーザー天体の位置と運動を精密に測定し、
銀河系の構造と運動について研究を行う事


 
経歴
1996年:学術振興会 特別研究員
2000年:国立天文台助手
2007年:同助教、准教授
2015年:43で教授となり
国立天文台水沢VLBI観測所(岩手県奥州市)の所長
 

Sponsored Links


 

本間希樹教授の嫁は?

 
どうも、情熱大陸で
嫁さんと娘さんの顔画像が出ていたみたいですが
かなり美人だったと評判です。
 
本間希樹教授がイケメンなので
まさしく、美男美女の夫婦といったところでしょうか?
 
尚、子供さんは
女の子が二人
男の子が一人いて
5人家族
のようです。
 
しかも、長女は部活で「天文部」に入っているとか・・・
 
やっぱり、蛙の子は蛙のようです。
 

本間希樹教授の両親は?

 
本間希樹教授の両親(父親や母親)
はどんな人だったんでしょう?

 
アメリカ合衆国生まれですが
 
顔立ちは
純和風にも見えますし
かなりのイケメンなので
何となくハーフ顔のような気もします。
 
もしかすると、父親、母親のどちらかが
外国人の可能性もあるかもしれないですね。

 
アメリカテキサス州には
「マクドナルド天文台」
がありますね。
 
残念ながら父親の職業や名前等は
分かりませんでしたが
 
もしかして、父親も宇宙に関する仕事とかで
「JAXA」で働いていたとかだったりして・・・

Sponsored Links
Sponsored Links


 
 
ノーベル賞関連 関連記事