Sponsored Links

ノーベル賞2019が10月7日より発表されています。
ノーベル生理学・医学賞からは
日本人候補者は惜しくも選ばれませんでした。
 
10月8日発表の
「ノーベル賞(物理学賞)の候補」
の期待が持たれている人たちを調べてみようと思います。
 
今回は、「細野秀雄栄誉教授」です
「細野秀雄教授のwiki風プロフィール」
「細野秀雄教授の経歴や研究内容について」
「細野秀雄教授の嫁や家族」

等について調査してみました。
 

Sponsored Links


 
 
 
ノーベル賞関連 関連記事

 
 

細野秀雄教授のwiki風プロフィール

 


 
生年月日:1953年9月7日
年齢:66歳
出身地:埼玉県川越市
 
農業を営む両親と
4人兄弟の長男として生まれてます。

 
同じ理科でも
化学の実験は好きだったけど、
他の事には興味が無く
同じ科目でも、好き嫌いが分かれており
それは、別の教科でも同じでした。
 
幼い頃から、とにかく、好きなことをとことん実践して、
嫌いな事は絶対やらない。

という信念のようなものをお持ちだったみたいです。
 
昔から
「好きこそものの上手なれ」
って言いますから
 
ある意味、それがビジネスで成功する秘訣
なのかもしれません。
 
なんと、小学生の時には、
塩酸にブリキを入れて、水素が発生するのを見て
喜んでいた「少年」だったみたいです。
 
中学生になると、「化学」の物質にとりわけ
興味がわくようになったみたいです。

 
中学生になって
世の中には色々な物質があるけど、
「元素がたった100個しかない」と言う事に
気づいて衝撃を受けたらしいです。
 
しかも1日中電気分解の実験をしており
この出会いのおかげで、材料科学者の道に
進んだと言われています。
 
高校生(東京工業高等専門学校)に入ると
こんなエピソードも・・・
 

高校生になると、世界初の合成繊維を発明した米国の化学者、
ウォーレス・カロザースの伝記「ナイロンの発見」に出会った。
化学の成果が新素材を生み、産業構造や人々の生活を変えたことに感動したという。


出典元:iza
 
数々の感動があったので
材料科学者への道を進んだのだと思われます。

 

Sponsored Links


 
実は、細野秀雄教授は
高校時代に「宇井純」さんと出会い
「公害問題」に関しても興味があったみたいです。
 
また、
「人の役に立ちたいと思っていたため」
「宇井純」さんと一緒に
「公害の研究」をしようと考えていましたが
 
「公害は現代の問題です。あなたは未来の問題を研究しなさい。
あなたは物質が好きなため、公害の研究よりも物質化学の道に進んだ方が良い」

と「宇井純」さんからのアドバイスがあったために
材料科学者の道に進んだみたいです。
 
そして、
「東京工業高等専門学校を中退」
されています。
 
その後、
「東京都立大学工学部工業科化学科」
に進学し卒業されています。
 
大学を卒業した後は
 
「細野秀雄教授」は
「人の役に立つ役に立たない」を
意識せず
「好きな物質化学でしかも、
他の人があまりやっていない分野の研究」
を目指されます。

 
細野秀雄教授の本はこちら


 

細野秀雄教授の経歴や研究内容

 
細野秀雄教は
東京都立大学を卒業した後に
東京都立大学大学院まで進学されています。
その後、数々大学の助教授や教授として
活躍されています。
 
経歴。
1982年3月 東京都立大学大学院工学研究科博士課程修了。工学博士。論文の題「ESRによる酸化物ガラスのキャラクタリゼーション(英文)」 4月、名古屋工業大学工学部無機材料工学科助手となる。
1988年9月 ヴァンダービルト大学に客員助教授として1年間赴任。
1990年2月 名古屋工業大学工学部材料工学科助教授
1993年7月 東京工業大学工業材料研究所助教授
1995年4月 岡崎国立共同研究機構分子科学研究所助教授
1995年 細野を中心としたグループが、科学技術振興機構の創造科学技術推進事業 (ERATO) および戦略的創造研究推進事業 発展研究 (SORST) でIGZOを開発。
1997年4月 東京工業大学応用セラミックス研究所教授
1999年 東京工業大学フロンティア研究センター教授[5]。
2004年 非結晶酸化物半導体の電流効率を10-20倍高める[6]。
2007年 セメント (12CaO・7Al2O3) を導体にすることに成功[7][8][9]。
2008年 26Kで超伝導を示す鉄酸化物を発見。
2016年 東京工業大学フロンティア材料研究所教授
2017年 王立協会外国人会員選出。
 
細野秀雄教授の研究分野は
「材料工学」

「無機材料科学・ナノポーラス機能材料超電導物質、無機光・電子材料、磁気共鳴、透明酸化物半導体」が主な研究分野です。
 
ガラスの半導体で薄幕トランジスタ(IGZO半導体)を発明したり
電気を通すセメント(C12A7)を発見したり、
鉄系超伝導を発見したりされています。

 

Sponsored Links


 

細野秀雄教授の嫁や家族


 
細野秀雄教授のご家族は
どんな人たちなのでしょうか?
 
こんな記事を発見

趣味は落語と猫。家族は妻と娘1人。


出典元:パリティ
 
「香取秀俊」教授と同じ
妻と娘が一人のようです。

 
実家には猫もいるんですかね?
 
奥さんは何をしている人なのか
どこで知りあったのかが

とても気になります。
 
娘さんは文系なのか理系なのかも
気になりますが
残念ながら詳しい情報は
見つける事が出来ませんでした。
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


 
 
ノーベル賞関連 関連記事