Sponsored Links

2019年度のノーベル賞の発表が10月7日より開始されています。
ノーベル医学生理学賞についての
受賞者は日本人からは出ませんでした。
 
10月8日発表の
「ノーベル賞(物理学賞)の候補」
期待されている人たちを調べてみようと思います。
 
今回は、「香取秀俊東京大教授」です
 
「香取秀俊教授のプロフィール」
「香取秀俊教授の経歴や研究の内容」
「香取秀俊教授の家族や嫁」

等について調べてみました。
 

Sponsored Links


 
 
 
ノーベル賞関連 関連記事

 
 

香取秀俊教授のプロフィール

 


 
出身地:東京都北区出身
生年月日:1964年9月27日
年齢:55歳
 
少年時代は
「電気の工作」が好きで、
「エジソンのような生活に憧れており」
 
ゴミ捨て場で拾ったテレビを分解したり、
「秋葉原」の電子パーツショップで
部品を購入しては電子工作に熱中していたと言われています。
 
「ラジオ少年時代」
を送っていたようです。
 
学歴
「茨城県立土浦第一高等学校」を卒業
 
茨城県立土浦第一高等学校は
偏差値は70以上という
超天才エリート高校です。

 
東大等へ進学する人が多いので有名です。
 
香取秀俊教授ももちろん
「東京大学」を卒業され
後に
「東京大学大学院」まで
進まれています。
 
大学・大学院時代の先行は
「工学部物理工学科」卒業されています。
 
こんな記事を発見しました。

もともと私は量子コンピューターには大変興味がありました。
学生時代に物理学者のRichard P. Feynman博士による量子コンピューターの提案に関する記事の解説を読んだのがきっかけでした。


出典元:アドコムメディア株式会社
 
香取秀俊教授の本はこちら


 

香取秀俊教授の経歴や研究の内容

 
香取秀俊教授の経歴は
「東京大学工学部の教務職員」を経て
様々な経歴があります。

 
現在は
「東京大学大学院物理工学専攻教授」や
「理化学研究所招聘主任研究員/チームリーダー(兼任)」

をされています。
 
経歴:
1991年:東京大学工学部の教務職員
1994年-1997年:東京大学工学部・助手
1994年:東京大学大学院 論文博士(工学)
1994年:ドイツ、マックスプランク量子光学研究所客員研究員
1997年:科学技術振興事業団・戦略的創造研究推進事業 研究員
1997年:科学技術振興事業団 五神協同励起プロジェクト・基礎グループリーダー
1999年:東京大学工学部附属総合試験所 協調工学部門・助教授
2002年:科学技術振興事業団・さきがけ研究・研究員兼務
2005年:東京大学大学院工学系研究科 物理工学専攻・助教授
2005年:科学技術振興機構・戦略的創造研究推進事業・研究代表者
2010年:東京大学大学院工学系研究科 物理工学専攻・教授(2015年11月現職)
2010年:科学技術振興機構・戦略的創造研究推進事業・ERATO香取創造時空間プロジェクト研究総括(2015年11月現職)
2011年:理化学研究所・基幹研究所・香取量子計測研究室・招聘主任研究員
2014年:理化学研究所基幹研究所・香取量子計測研究室・招聘主任研究員および光量子工学研究領域・エクストリームフォトニクス研究グループ・時空間エンジニアリング研究チーム・チームリーダー兼任 (2015年11月現職)
2014年4月:チュービンゲン大学(ドイツ)Distinguished Guest Professorに招聘(2017年3月まで
 
「香取秀俊教授」の研究分野は
「量子エレクトロニクス」です。
 
今回、
「光格子時計」を作成したと言う事で
ノーベル賞受賞の期待が高まっています。

 

Sponsored Links


 

光格子時計とは?

 
いまいちピントこなかったので
光格子時計について調べてみると・・・
 
光格子時計とは、
原子時計の一種であり、
極めて精度の高い計時を可能とした時計のようです。
 
レーザー光を格子状に配し、
絶対零度に近くまで冷やした
100万個程度のストロンチウム原子の気体をその格子に入れて
原始を同時に計測するものです。
 
原子時計でも
「セシウムの原子時計」が1967年に
発明されていますが「6000万年に1秒ずれる」
と言われていますが
「光格子時計だと300億年に1秒」
という精度になるようです。
 
精密に図る事が可能になれば
見えない地球の内部で起こっている事がつかむ事が出来る
ようになり、
「火山の噴火や津波の到来が観測できるかもしれない」
とも言われています。

 

香取秀俊教授の嫁や家族は?


 
こんな記事を発見!
趣味はサイクリング,スキー,回路・料理をつくること。家族は妻と娘1人。
出典元:パリティ
 
妻と娘さんが一人いるようです。
 
もしかして、スキーは家族で行かれるんですかね?
嫁さんもスキーが上手な方なんですかね?

 
残念ながら
「香取秀俊教授」の嫁さんの顔画像がありませんが
もしかすると、ノーベル賞を受賞すれば
「晩餐会」等でお目にかかれるかもしれません。
 
何となくですが、
嫁さんも東大出の人のような気がします。
 
娘さんはどっちに似たのか気になります。
父親に似たなら、もしかしたら
工学系の大学に行ってるかもしれません。
 
娘さんも頭が良くて
「東大」を出ていそうな雰囲気がします。
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


 
 
ノーベル賞関連 関連記事