Sponsored Links

突然、YouTube動画の共有リンクを押しても
真っ白の状態となり開かなくなりました。
 
ブログ記事を書く際に
利用させていただいている
YouTubeの動画共有が出来ないのは大変困ります。
 
そこで、今回は
YouTubeの動画共有が出来ない時の
原因や対策方法について調べてみました。

 

Sponsored Links


 

YouTube動画の共有が出来ない


 
実はこの問題、私だけではないようです。


 


 


 
調べてみると、
この現象は8月9日あたりからあったみたいで
8月15日、8月16日位から増えているみたいです。

 
普通であれば、YOUTUBE動画を共有する際は
単純に矢印と共有(青四角印)をクリックします。


そうすると、iframeタグで囲われたHTMLが出現します。
 
しかしながら、今回は
次のようなツイート状態になります。


 
 
 

Sponsored Links


 
 

YouTube動画が共有できない原因


 
YouTube動画の共有が出来ない原因として
考えられるのは2つあります。
・パソコン側の原因
・YouTube側の原因

 
これだけ同じように使えない人が多いのは
どうもYouTube側に問題がありそうな感じもしますが
 
「自分のパソコンの方には原因がないのか?」
について調べてみました。
 
パソコンが原因で考えられるのはブラウザの問題が考えられます。
 
問題が起きているのはChromeなので
問題があるとすれば
・Chromeの拡張機能が原因
・Chrome自体が原因

のどちらかではないかなと思われます。
 
尚、クロームのバージョンは最新版
バージョン: 76.0.3809.100(Official Build) (64 ビット)
となっています。

 

YouTube動画が共有出来ないときの対策


 
先ほどの原因を踏まえて
対応策としては次の2つを考えています。
 

1.拡張機能を無効にする

 
拡張機能を開くには
ブラウザの右上をクリックし
その他のツール→拡張機能をクリックします。

 
そして、全ての拡張機能をOFFにします。
 
拡張機能がONかOFFかの判断は右下のスライドバー
が左か右かで判断できます。

 
拡張機能がONになっていると
スライドバーが右にあり
次のような状態になっています。

 
逆に拡張機能がOFFになっていると
スライドバーが左にあり
次のような状態になっています。

 
全てスライドバーを左にして
拡張機能を無効にして
ブラウザを再起動してみましたが
上手く行きませんでした。
 

2.ブラウザを変更してみる。

 
ChromeからブラウザをFireFoxに変更してみる。
FireFoxに変更して試してみると
リンク共有の画面が出てきました。

 
埋め込むを押すとタグが書かれたHTMLが無事表示されました。

 
InternetExplorerに変更しても
同様にリンクの共有画面が出てきました。

 
埋め込むを押すとタグが書かれたHTMLが無事表示されました。

 

8月19日:追記 原因が判明!

Chrome起動時の画像の表示がおかしくなったために
履歴やキャッシュを削除することで共有が出来るようになりました。
 
履歴の削除方法:
 
1.「CTRL」+「H」⇒【閲覧履歴データの削除】をクリック
2.閲覧履歴、ダウンロード履歴、Cookieと他のサイトデータ、キャッシュされた画像ファイルにチェック
3.【データの削除】をクリック
 
これにより、Chrome側で問題なく共有が出来るようになりました。
 
Chromeにキャッシュがたまりすぎたのが原因ではないかと思われます。
 

まとめ

 
今回の動画共有が出来ない原因の問題は
YouTube側ではなく、Chromeが原因のようでした。
共有できない原因としては、
キャッシュのたまりすぎの可能性が考えられます。
 
 
キャッシュを消しても
利用できない場合は
違うブラウザ等で試してみるのがいいかもしれません。
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links