Sponsored Links

ネット上で
ソフトバンクのギガ国CMに
「デーモンコアくんが登場?」

と話題になっています。
 
「これは一体どういうことなのか」
調べてみました。
 

Sponsored Links


 
 
 
ギガ国CM 関連記事

 
 

デーモンコアくんとは?


 
まずデーモン・コアから調べてみました。
 
英語表記では
「demon core」と書くようです。
単なるプルトニウムの塊です。
 
コアはおそらく「核」という意味だと思われます。
なぜ、「デーモン(悪魔)」と呼ばれるのか?
 
wikipediaを調べてみると
デーモンと呼ばれる理由が判明!

デーモン・コア(demon core)は、アメリカのロスアラモス研究所で各種の実験に使用された、約14ポンド(6.2kg)の未臨界量のプルトニウムの塊である。ルイス・スローティンが「ルーファス」(Rufus)と名づけたが、安全性を度外視した危険な実験や不注意な取り扱いのために1945年と1946年に臨界状態に達する事故を起こし、二人の科学者の命を奪ったことから「デーモン・コア(悪魔のコア)」と呼ばれるようになった。


引用元:wikipedia
 
なるほど、一つ間違えると
かなりの危険性があるから
デーモン(悪魔)と言われているんですね。

 
更に、デーモンコアくんは
デーモンコアをネタにした
キャラクターのようです。

 

面白動画で有名なイラストレーター、からめる氏が深夜のノリで制作した短編アニメ「輝け!デーモンコアくん」の主人公。ちょっとやんちゃな男の子で、体はプルトニウムとベリリウム製の半球で出来ている。口(半球同士)がくっつくと臨界状態に達して核分裂反応が始まり、青い光とともに大量の中性子を放出して周りのみんなを物理的に消し飛ばしてしまう。


出展:ピクシブ百科事典より
 

そんなデーモンコアをもとにした、ちょっとやんちゃな男の子がデーモンコアくんだよ! デーモンコアくんも普段はマイナスドライバーを口にして半球がくっつかないようにしてるんだけど、これがうっかり取れてくっついてしまうと、青い光が出てみんなを消し飛ばしちゃうんだ! みんなもうっかり仲間を消し飛ばさないように気をつけようね!


出展:ニコニコ大百科
 
 
 

Sponsored Links


 

ギガ国CMでデーモンコアくん登場とネットで話題!

 
デーモンコアくんが
「ギガ国のCMで登場した」
となぜか、話題になっています。
 


 


 


 


 


 


 
 
 

Sponsored Links


 
 

ギガ国CMのロボットサトウとデーモンコアくんの比較!

 
 
「ギガ国cMの何がデーモンコアくん?」
 
どうも、ギガ国のCMで出てくる
「AIロボット」の「サトウ」が
「デーモンコアくん」と呼ばれているみたいです。

 
それほど、似ているのでしょうか?
 
「AIロボット」の「サトウ」と
「デーモンコアくん」
の画像を実際に比較して見ましょう!
 
まずは「AIロボット」の「サトウ」の画像


 
一方、デーモンコアくん


 


 
確かに、質感といい、顔の表情といいかなり似ていますw。
どちらも
「銀色のパックマン」
と言った感じなので
似てるのも無理ないかもしれません。
 

Sponsored Links


 

AIロボット サトウのモデルとは?


 
残念ながら、「ギガ国」に出演している
「AIロボット」の「サトウ」に関しての
情報は何も出ていないため
 
何がモデルとなったかは
現在のところ分かっていません。

 
架空上の設定と思われるので
元になったモデルは無いと思いますが
 
これはCMを作成下担当者に聞いてみないと分かりませんが
 
実は、「デーモンコアくんがモデル」だった
なんて事もあるかもです。
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


 
 
ギガ国CM 関連記事