Sponsored Links

なつぞら 第14話で
「音問別(おといべつ)農協」が登場しましたが
 
「音問別農協」のモデルとなったのはどこの農協?」
「音問別(おといべつ)は北海道十勝のどこ?」

これらが気になったので調べてみました。
 
 
 

Sponsored Links
 
 

音問別(おといべつ)農協のモデルや場所


 
第14話で登場してきた
「音問別農協」は
「剛男」が勤務する農協

で、
 
「おともんべつ農協」
ではなく
「おといべつ農協」
です。
 
「おともんべつ」という地域は
実際にありませんが
「おともんべつ」だとしたら
 
北海道で候補としてあがる農協は
おなじ音の「もんべつ」である
 
「門別(もんべつ)農協」(日高地方)
門別町は、現在、合併で日高町となった
北海道日高支庁管内西部にあった町
 

「紋別(もんべつ)市農協)」(紋別地方)
(現在のオホーツクはまなす農業協同組合)
等も考えられますが
残念ながら十勝ではありません。
 
なつぞらでは
「帯広」等
「北海道に実在する場所」
も紹介されていますが
 
今回の「音問別(おといべつ)」
と言う場所は「十勝には実在しない」し
「北海道にも実在しない」架空の場所のようです

 
では
「音問別農協のモデルとなった農協はどこなのでしょうか?」
 
北海道の十勝にある農協が「モデル」
となっていると思われます。
 

Sponsored Links
 
ヒントになりそうなのは「天陽」
「天陽」は実在した「神田日勝」を
モデルとしています。
 
その「神田日勝」は
「鹿追町」に「住んでいた」事を考えると
 
「鹿追農協」
等が考えられます。
 
また、「十勝」にある農協をJAマップで調べてみると
 
気になる農協がある場所が一つあります。
 
それは「音」がつく「音更町」
 
ネットの声でもこんな声があります。


 
また、「別」がつく農協として
「本別農協」
も候補としてはあがりそうです。

 
他にも・・・


 


 


 
「音更」と「更別」や
「音更」と「幕別」が合体したものと
言う意見もありますが、
 
個人的には
「音問別農協」の「モデル」
となったのは
 
「音更農協」、「鹿追農協」、「本別農協」
あたりではないかなと思われます。
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links