Sponsored Links

池江璃花子さんが
白血病になっていたことが
ニュースで放送されていました。
 
そこで
気になったのが
「池江璃花子が入院した病院はどこなのか?」
「池江璃花子さんの退院時期や復帰の目処はいつ頃?」
 
今回は
これらについて
調べてみようと思います。
 

Sponsored Links


 

池江璃花子選手が入院した経緯


 
実は「池江」選手は
急に具合が悪くなったわけではなくて
 
今年の初めから
不調を訴えていたみたいです。
 
 
2019年の初レースでもある
三菱養和スプリントで
得意のバタフライでも
思うような結果を得る事が出気ず
 
また、200メートルも棄権されており
 
こんなレース後に次のような発言をされています。

「自分でもビックリするくらいタイムが遅かった」
「体のだるさを感じることが多くなっている。
去年に比べるとだいぶ疲れの抜けが遅くなっている感じはしている」


 
ただし、この当時は
年末年始等も忙しかったために
 
本人も周りの関係者も
単なる疲労が原因と考えていたようです。
 
でも、この頃には
病気が進行していた可能性
が高そうですね
 
この時に、
病院で検査を受けていたら
まだ早い段階で
発見出来た可能性もあると思います。
 
でも、ほとんどの人が
疲労だと思っていたために
 
1月18日からの
オーストラリア合宿
を行っていました。
 
しかし、2月から体調不良が続くために
医師の診断を受けたところ
帰国しての検査を進められます。

 
そして、実際に帰国後再検査をしたところ
白血病と診断されました。
 

Sponsored Links


 

池江璃花子が入院した病院はどこ?


 
はたして帰国した際に
「どこの病院に入院しているのか?」
と言う事になりますが
 
「しかしながら、報道では発表されていません」
 
ここからはあくまでも予測ですが
 
「まず、アスリートが入院する病院はどこなのか?」
と言う事で
「アスリート 入院 病院」
と調べてみました。
 
すると、気になったのが次の3つの病院
・北里大学北里研究所病院
・慶応義塾大学病院
・聖路加国際病院

 
「慶応義塾大学病院」
等は可能性として高そうな感じがします。
 
また、
更に、踏み込んで
「アスリート 入院 病院 白血病」
等と調べてみると
 
・順天堂大学医学部附属浦安病院
等もあげられます。
 
「実家に近い東京都」

言う考えもありますが
 
実家の近さよりも
「白血病に関する治療実績が高い病院」
という方が可能性としては高そうな気がします。
 

追記:「池江璃花子選手」が転院

女性セブンの情報によって
現在「池江璃花子」選手が
当初、入院している病院から「転院された」
事がわかり、
 
なおかつ「転院先」の病院は
「小林真央」さんが
かつて入院していた病院
ということが分かりました。
 
「小林真央」さんが入院していた病院
はどこなのか調べてみると・・・
 
「聖路加病院」説


 
「慶応義塾病院」説


の2つがあるみたいです。
 
「池江」選手が入院している病院は
「慶応義塾大学病院」か「聖路加国際病院」
のどちらかに絞られそうです。
 
ネットの意見では
圧倒的に
「慶応義塾大学病院」
が多いみたいです。

 

Sponsored Links


 

池江璃花子の退院時期や復帰の目処はいつ頃?


 
「白血病は昔、不治の病」
と言われていましたが
現在は、医学がかなり進歩しています。
 
昔であれば
白血病になった人は
スポーツをするのは難しいと言われていたと
思いますが
 
白血病になって、
復活したアスリートもいます。

 
「実際、復活した選手は1年~2年かかっています」

テレビに出ている
医者の意見でも
「最低1年はかかる」
と言われています。
 
白血病は2種類あって
「リンパ性」と「骨髄性」
があります。
 
「かかと落とし」
で有名な
「格闘家のアンディフグ」さん



「急性骨髄性白血病」
でした。
 
「池江」選手の白血病がどちらかは
判明していませんが
「早期発見」
だと言われています。
 
「抗がん剤治療になるのか?」
それとも
「骨髄移植手術を行うのか?」
は不明ですが
 
「最初の入院期間は1ヶ月位」
みたいなので、
「退院時期は早くて3月あたり
ではないかなと思われます。
 
ただ、Jリーガーの
「早川史哉」選手は
「1年の入院期間」
を要しています。
 
退院後は、
通院しながらの治療となると
思われますが
 
アスリートとして
復活出来るまでには
 
おそらく、
少なくとも
「1年~2年位はかかる」
のでは
ないかなと思います。
 
 
また
2020年の東京オリンピックまでの
復帰はかなり厳しいのではないかなと
思われます。
 
一日でも早く
退院する事ができ
元気な姿で活躍してくれる事を祈ります
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links