Sponsored Links

今、通常国会で
メインになりそうなのが
 
「厚労省の勤労統計不正問題」
 
野党は
「アベノミクス偽装」もしくは「賃金偽装」
と呼んでいます。
 
今回はこの件について調べてみようと思います。
 

Sponsored Links
 
毎月勤労統計に関しては
従業員500人以上の事業所については
「全数調査」という方法が基本ですが
 
2004年から東京都ではその3分の1の
「抽出サンプル調査」しか実施しておらず
その他の神奈川、愛知、大阪府等も
抽出調査しかしていなかった。

 
そのために、雇用保険の給付額が
実際よりも低く給付されたと言う事になります。
 
Sponsored Links
 
厚労省統計不正問題 関連記事
樋口美雄委員長のwikiプロフ 経歴、年齢、学歴は?参考人招致は出来レースで今後は証人喚問?
西村清彦統計委員長のwiki経歴、年齢、大学は?参考人招致は出来レース?
大西康之前政策統括官のwiki経歴、年齢、嫁は?参考人招致は出来レース?
定塚由美子のwiki 経歴、年齢、高校大学は?夫や子供の性別は?

 

アベノミクス偽装(賃金偽装)とは?


 
アベノミクスで「景気が良くなった」
と言われていますが
 
実際の賃金は上がっていない
という声が多く
 
メディア等でも
唯一、アベノミクスは
 
「賃金の上昇率」だけが
成果として出ていないように
報じられてきたように思えます。

 
成果が無かった賃金上昇(給与額の伸び率)を
意図的に上昇したかのように見せかけるため、
 
実際の数値よりも大きくみせるために
 
1人当たりの現金給与額の計算方法が
2017年度と2018年度で違う方法で導いて
比較されたのではないか?

 
という疑いがあるということです。
 
野党は
「アベノミクスで賃金が上昇したというのを偽装」
するために
 
厚労省が毎月勤労統計の不適切調査
をしたのではないかという見解で
 
「アベノミクス偽装もしくは賃金偽装」
と言われているようです。
 

アベノミクス偽装(賃金偽装) 隠蔽の真相は?


 
一部では職員が「忙しかったから」
「全数を調査」を無視したと言ってます。
 
つまり、
統計職員が少なかったから
「全数調査」出来なかった

という意見もありますが
 


 
2004年から現在まで
すべて3分の1調査なら
話は分かりますが
 
なぜか2018年度1月から
復元抽出をしていたというのは
どう考えても不思議な話です。

 
しかも、精密な計算ではなく
単純に3倍しただけで
復元という言葉を使うのにも
違和感を感じます。
 
「17年度まで復元しなかったのはなぜか?」
と言う問いに対して
 
厚労省の人間は
「どう説明していいか私も分からない」
これでは理由になりません。
 
2017年度を戻せば
伸び率が低くなってしまうから
 
2017年度のデータを低くして
2018年度のデータだけ高くすれば
格段に伸び率が高くなる。


小学生でも考える事ができます。
 
これ、どうみても
「アベノミクスの成果を出すためでは?」
と思ってしまいます。
 
どちらかというと意図的に思えます。
 

Sponsored Links
 
また、
「毎月勤労統計の不適切調査」
に関して
「第3者で調査した」
と言われていますが
 
実はお手盛り調査で
身内による聞き取り
だったというのが驚きです。

 


 
調査は「特別監察委員会」が
行ったと言う事になっていますが
 
「1月17日と22日のたった2回」
しか開催されておらず、
 
たった5日間で
2回目には
既に報告が出たと言うので驚きです。

 
しかも
調査には
 
委員長は「樋口美雄」の
「特別監察委員会」

事務方と有識者で構成されていた
定塚官房長官が主査の
「監察チーム」
の2つがあって
 
基礎的な資料は
「監察チーム」が
以前から用意されて
調査をしていたと言われていますが
 
「監察チーム」の名簿はなく
しかも
いつから調査をしていたのかも分かっておらず、

 
ここで不思議なのが
「特別監察委員会は第3者委員会」
と言っておきながら
 
「監察チーム」
が予め用意しておいた資料を
使っているところです。

 
「特別監察委員会」
は第三者ではなく
第三者とみせかけたとしか
思えません。

 
監察チームに関していうと
 
ヒアリングを行ったのが
有識者が入らず職員のみで
内部の人でしか行っていなかったようです。
 
たたき台は官房人事課が書き
委員の先生を踏まえて修正しただけ。

 
厚労省は
「組織的隠蔽はなかった」
と発言されていますが
 
こんな記事も・・・

最短は部局長級や課長級ら3人に15分。部局長級の1人には、
対面での聞き取りをせずにメールだけで済ませていた。


引用元:ヤフーニュース
 
メールだけで済ませるというのが
調査と言えるのでしょうか?
 
さらには・・・

特別監察委員会による課長・局長級の職員に対する
ヒアリングに同席していた幹部は、厚労省の定塚官房長。


引用元:ヤフーニュース
なぜ、厚労省の幹部が出席する必要があるのでしょうか?
 
さらに、

第三者による特別監察委員会のヒアリングに、
事務方ナンバー2の宮川晃厚生労働審議官も参加していた


引用元:ヤフーニュース
 
これでは
「厚労省にとって不都合な事を言う人間を監視するため」
あるいは
「厚労省にとって不都合な事を言わせないため?」
と思われても仕方がないと思います。
 
もう、これを聞くと
お手盛り調査で
「組織的に隠蔽」
と思われてもしょうがないと思います。
 
2015年になって、
「抽出調査で問題ない」
という記述まで削除してあったというのも
何だか不自然。

 
しかも、処分を直ぐに決めて
「さっさと幕引きを図ろう」
としているようにも思えます。
 
処分とか言いながら
給与減給とかで
済まそうって思ってるのは
 
国民なめているとしか思えません。
かかわった人はすべて
懲戒免職等の処分が必要だと思われます。
 

アベノミクス偽装(賃金偽装)黒幕の正体は誰?


 
「21年5ヶ月ぶりに記録的な賃金伸びが上昇」
したと各メディアやマスコミが一斉に報じた際に
「名目賃金が上昇した」
と言われ、
このときに
「厚労省」

「業績の良い企業がボーナスを増やした影響」

とコメントされています。
 
「本当にそうなんだろうか?」
 
偽装を知っていて
コメントしたとなると
かなり悪質ですし
それこそ、組織的な隠蔽だと思ってしまいます。
 
賃金偽装は
厚労省の役人が
好き好んで勝手に実行するとは思わないので
 
何か裏がありそうだと
思って調べてみると

 
アベノミクスが始まり
数字が悪化していた時期であった
 
2015年10月16日に経済諮問会議で
麻生大臣がこんな事を言われていました。

 

「(調査対象の)サンプル(事業所)の入れ替え時には変動があるということも、よく指摘されている・・・ぜひ具体的な改善方策を早急に検討していただきたい」


この際に
「安倍首相は議長として出席」
していたようです。
 
これを聞いた事により
 
厚労省が何とか
「アベノミクスで賃金を上昇していた」
ようにしなければならないと考えて

 
「不正をしてしまった」
と考えるのが自然ではないでしょうか?
 


これを見れば、
「実質賃金はマイナス」
とも捉えられます。
 
「麻生大臣が厚労省に不正を指示したのか」
それとも
「麻生大臣の発言によって官僚が忖度して不正をしたのか?」
実態は分かりませんし、
 
黒幕が誰であるのかは
今のところはっきりしていませんが
 
少なくとも麻生大臣の発言が
きっかけにはなってるような気がします。
 
「麻生大臣」

「賃金上昇していないのはそう思う感性」
とか言ってましたが
 
厚労省が偽装した事によって
「賃金が上がっているように見せかけられた」
だけで、
実質は賃金が上がっていなかったんですね。
 

まとめ

この実態がどこまで解明されるのか?
徹底的に解明できないと
本当にこの国は終わって行くと思います。
 
今回の国会は
注意深く監察してみようと思います。
 
政府への忖度なのか
良くわかりませんが
 
正直、日本の基幹統計が
めちゃくちゃになっている。
しかも4割が不正を行っているって
この国もお隣の国の事言えませんね。

 
それを今まで
何も知らずに隠されていたって
恐ろしい事ですよね。
 
不思議と最近のメディアは
他の国の事情や
どうでもいいニュースを取り上げていますが
 
国会での発言等は
ほとんどテレビで見ません。
 
最近の日本のメディアも
終わっている感じがします。
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


 
 
関連記事