甲子園でも
話題になった
高岡商業の投手
「山田龍聖」選手が
 
侍ジャパンのU-18
日本高校代表メンバーに
抜擢されました。
 
今回は、
「山田龍聖」選手
にスポットをあてたいと思います。
 
「山田龍聖選手の出身中学は?」
「山田龍聖選手の家族は?」
「山田龍聖選手に彼女はいる?」
「山田龍聖選手のドラフト評価は?」

 

Sponsored Links
 

山田龍聖選手はどんな選手?

 


 

生年月日:2000年9月7日生(17歳)
身長:182cm
体重:80kg
ポジション:投手
高校:高岡商業高校
侍ジャパンの背番号:19番


 


 
出身地は「富山県氷見市」
のようです。
 


 


 
やっぱり、
こういう選手って
小学校時代から
野球している選手が多いですが
 
今回の
「山田」選手も
同じように小学校でやってたんですかね?

 
まず、
「小学校がどこか?」
 
トレンドブログ等は
「窪小学校」

と書かれていますが
 
基本的に
トレンドブログの情報は
あまり信じていません。
 
こんな記事を発見!

小学4年から窪スポーツ少年団野球部で野球を始め、
投手と捕手。中学時代は軟式野球部に所属し、4番でエース。


引用元:https://goo.gl/mKiAR9
 
先ほどの記事を見ると
野球を始めたのは
小学校4年生からで
最初は投手と捕手
と両方やっていたんですね。

 
「肩がいい」
と思われるので
捕手でも
盗塁をバンバンさしたりして
た感じがしますね。
 
「窪スポーツ少年団」
に入っていたみたいです。
 

Sponsored Links
 

山田龍聖選手の出身中学

 
小学校を調べている間に
 
更にこんな記事を発見!

山田 龍聖(やまだ・りゅうせい)
2000年9月7日、氷見市生まれ。
17歳。
窪小4年から野球を始め、氷見西條中を経て、高岡商に入学。
家族は両親、弟。尊敬する選手はエンゼルスの大谷翔平。


引用元:https://goo.gl/brB5XV
 
トレンド記事ではないので
間違いなく
「窪小学校」である事が
分かりました。

 
中学校は「氷見西條中学校」

なんと4番を打っていたようです。
 
エースで4番って
結構多いですよね。

 

山田龍聖選手の家族は?

 
先程の記事から
「弟一人と両親の4人」
のように思えます。
 
実は
「氷見市立図書館」

「氷見記事」
というのに
興味深い記事を発見!

元気いっぱいわが家の王様 山田龍聖ちゃん・晴輝ちゃん


引用元:https://goo.gl/8ioC8K
 
この
「山田龍聖」ちゃんが
同一人物であれば
弟の名前は
「山田晴輝」さん

のような気がします。
 
ですが、
「山田晴輝」
と検索しても
何も情報が出てこなかったので
 
「山田晴輝」さんが
「山田龍聖」選手の
弟であるという情報は
つかめませんでした。

 
これ以上は詳しい情報は
分かりませんでした。
 
何か分かればまた追記します。
 

山田龍聖選手の彼女は?

 
エースで4番を打っていたので
間違いなく女子には注目を
浴びていた存在だと思われます。

 
あの剛速球が格好良いと
思う女性ファンも多いと思います。
 
こんな感じの・・・


 
これはあくまでも予想ですが
格好良すぎるので
「彼女はいる」
のではないのかなと思います。
 
 

山田龍聖選手のドラフト評価

 
「山田龍聖」選手は
なんといって
速球のストレートが武器でしょう。
 

スカウト人からはこんな声が出ています。
、巨人の木佐貫洋スカウトは「僕は投げるだけだったけど、(山田は)バッティングもいいし、脚力もある。運動能力が高い」と評価すれば、ヤクルトの伊東昭光編成部長は「素直な投げ方で、スピンの利いたストレートがいい。機会があれば、また見てみたい」


引用元:https://goo.gl/3uZpzb
 
 
最速148キロの数字以上にボールの質の高さを感じさせる投手で、
スカウトや高校野球関係者からは「ドラフト上位候補」という声も聞こえてくる。
引用元:https://goo.gl/3Q6f8L
 
ドラフト上位指名
ありそうな予感がします。
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links
 
 
 
 
侍ジャパン U-18関連記事
今後の日程やメンバー一覧
 
 
監督
 
 
投手
柿木蓮
 
板川佳矢
 
渡邉勇太朗
 
野尻幸輝
 
 
 
吉田輝星
 
 
 
 
 
市川悠太
 
奥川恭伸
 
 
捕手
小泉航平
 
根来龍真
 
 
内野手
中川卓也
 
日置航
 
根尾昂
 
小園海斗
 
奈良間大己
 
 
外野手
蛭間拓哉
 
峯圭汰
 
藤原恭大