加計学園問題にあたって
愛媛県側から
新文書が出てきたと
いう事です。
 
 
その文書を見ると
今までの安倍総理が言っていた事
は矛盾するのではないか?
と言われていますが
 
 
ネットでは
愛媛県側の新文書は
「捏造(嘘)なのでないか?」
等という声もあるようです。
 
 
今回はこの辺について
調べてみようと思います。
 
一番最後に追記があります。

Sponsored Links

 
 
関連記事
誤情報(嘘)の証言をした加計学園の担当者の名前は誰!?加計は何かの罪になる?補助金詐欺?
 
加計学園(本件は首相案件)の朝日スクープは第2弾か!?第3弾は何!?
 

【加計学園】愛媛県の新文書

 


 
 
この文書に関して
一部のネット上では
「愛媛県側の新文書は捏造なのではないか?」
等という声もあがっています。
 
 

愛媛県の新文書が捏造(嘘)説

 


 


 
 
どうやら一部のフォントが違うので
「捏造」という声が出ているようです。

 
 
また、こんな声も


 
 


 
 
「日付の書式も統一されておらず首相動静に出ていない」
ので
愛媛県側の新文書が
嘘を書いていて
捏造なのではないかとの認識のようです。

 
 

愛媛県の新文書が正しい(本当)説

 


 


 


 
 
こちら側の意見はフォントに関しては
強調のためではないかと言われています。

 

Sponsored Links

 

新文書に対する見解や捏造の真相

フォントについて

どちらも、言い分はあると思います。
 
 
一般的に、強調するのに
「ボールドにするのが常識」
という人は
「印字して確認した事がない人」
だと思われます。
 
 
明朝体等のフォントに関しては
プレビュー表示や画面上においては
凄くはっきりとした違いが分かりますが
太字にしても印字して確認すると
ほとんど区別が付きにくくなります。

 
 
そのために、
明朝体等のフォントを強調するために
ゴシック体や別のフォントに切り替える

と言う方法はよくあります。
 
 
ただ、
「公文書や役所の文書」
等で
明朝体を使っていながら
強調のためにゴシック体を使っている
「方法を実践している文章というのは存在するのでしょうか?」
 
 
「公文書 pdf」
と検索してみると
次のpdfにも
先ほどの方法を使っている
文章を発見しました。
 
 
⇒ 詳しくはこちら
 
 
「上記の10ページ」
を確認してみると、
明朝体で書かれている文章の中に
強調のためにゴシック体が使われています。
 
 
役所の文書や公文書でも
フォントを変える事自体は
そう、珍しくないようです。

 
 
ただ、
「日付のフォーマット(書式)」
に関して
「同じ文章内で変わっている」
のは
「ちょっと違和感を感じます」
 

首相動静について

首相動静に関してですが
 
枝野代表は次のような事を言われています。


 
 
産経でもこんな記事があるようです。


 
 
更にこんなツイートを発見!


 
いいともの動画も発見!
⇒ 動画はこちら
 
 
先ほどの動画で安倍総理自身が

「名前が出ない人とある程度の一定以上しか出ないので
実際はもっとたくさんの人と会っている」


と発言されていますし
 
 
また、安倍総理は
予算委員会でも
江田憲司議員の質問に対して

「名前が出てこない事は良くある」


と言われていました。
 
 
つまり、安倍総理自身が認めているので、
首相動静に出ていないからといって
安倍総理が会っていないという証拠には
ならないと思われます。

 
 
また、一部ではこんなツイートも


 
 
「加計理事長と安倍総理はBBQでお会いされていた」

この時も首相動静には
掲載されていなかったという事です。

 
 
これらの前例があるとすると
「加計理事長と安倍総理が実際にお会い」
しても
「首相動静には掲載されない事がある」
事になります。

 
 
つまり
「首相動静に掲載されていないから
安倍総理が加計理事長に会ってない
という証拠にはならない」

事になります。
 

Sponsored Links

 
それと、
本日の安倍総理と菅官房長官の
言葉を聴いて凄い違和感を感じました。
 
それは
安倍総理が

「入廷記録も調査しましたが記録は確認出来ませんでした」


と発言されていましたが
 
 
一方の菅官房長官は
「速やかに廃棄される取り扱いになって残っていなかった」
と発言されていました。
 
 
「あれ、違和感感じません?」
 
 
菅官房長官の話によると
「入廷記録は速やかに廃棄されていたはず」
 
 
手元に入廷記録はないはずなのに
「安倍総理はどうやって入廷記録を確認したのでしょうか?」

 
 
「これは矛盾していませんか?」
 
 
「安倍総理は廃棄した中の入廷記録でも確認されたのでしょうか?」
 
 
これがとても不思議に感じました。
 
こんなツイートもありました。


 
過去に
安倍総理も萩生田氏も

「記録は保存されていない」


という発言をされているようです。
 
となると、
「入廷記録はどうやって調べたのか?」
疑問に思います。
 
また、いいともでは

「そういう記録は全部残っているんですね官邸に」


という事を言われています。
 
 
「記録は残っているのか?」
それとも
「記録は破棄されているのか?」

毎回、安倍総理は
言う事が違うように感じますが
「どの発言が本当なのでしょうか?」
 
 
また、愛媛県側が文書を捏造しても
何の得も無いとわれます。

 
 
こんなツイートも


 
 
「5年保存の公文書で
改竄があったとすれば大問題」

となります。
 
 
これだけ改竄が大問題となっていて
ばれるのが直ぐに分かるような
「改竄をあえてわざわざされるでしょうか?」
 
 
また、愛媛県知事が言ったように、
今から数年前の事を思い出して
捏造するのはほぼ不可能と思われます。

 
 
また、「総理のご意向の文書」の件でも
フォントが違うので
「本物ではないのではないか?」
とか同じような話題になりましたが
 
 
結局、文書が最終的に本物だと認められました。
 
 
そう考えると
「愛媛県が出した加計学園の新文書」
に関しては
「本物」
ではないかなと感じます。
 
 
もし捏造の疑いがあるならば
与党内や政府内でも騒ぎになると思いますし
そのような声はまだ出ていません。

 
 
また、愛媛県側の意見と真っ向から対立するのに
「なぜ愛媛県知事の参考人招致を拒否するのか?」
これが分かりません。
この時点で
「どちらの信憑性が高いのか」
は何となく判断付きます。
 
 
あの文書に書いている事から
真っ向から反論するのであれば
「愛媛県知事を国会に呼んだ」
ほうが話が早いような気もしますが・・・
 
 
ただ、あの文書の中で
日付のフォーマット(書式)に関してだけは
なぜ、同じ文章内で違っていたのかは凄く気になりました。

 
 
何度も言ってますが
「関係者全員を一斉に証人喚問」
して話を聞けば直ぐに終わるのに
 
 
「なぜそれを政府や与党側はしようとしないのですか?」
 
 
不思議なのですが
「加戸守行」という愛媛県の前知事は
行政が歪められたといわれている
2015年では知事ではないので
当事者ではないはずなのに

 
 
「なぜ、いつも国会で呼ばれるのですかね?」
しかも、いつも、嘘をついてもいい
「参考人招致」
なんです。
 
 
当事者であった愛媛県の
「中村時広」知事を国会で呼ばないで
当事者でない
「加戸守行」前知事だけ呼ぶのは
どう考えてもおかしすぎますよね。

 
 
「与党側には真相を究明する気がない」
のではないかなと思われます。
 
 
国会の場で真相究明を
きちんとして頂きたいと思います。
 

追記

前愛媛県知事の
「加戸守行」氏が
こんな事を言ってました。

「メモがあるから絶対に正しいということにならない」


真っ向からメモに対して否定をされています。
 
 
一方、現愛媛県知事の「中村時広」は

「よほどこれが事実だと困る人がいるのかな」


と発言されています。
 
 
また、
今治市長も

「15年2月に加計理事長と安倍総理が面会した」


という事も市の職員担当者から聞いているようです。
 
 
これで、愛媛県と今治市の両方で
「加計理事長」と「安倍総理」が2015年2月に会った

と言う話になっています。
 
 
「安倍総理」と「加計理事長」だけが
会ってないと否定した形になっています。
 
 
また、どちらかというと
「加戸守行」氏も否定しているように思えます。
 
 
意見が対立しているので
「誰かが嘘を言ってる」
のは間違いありません。
 
 
ここは、
「加計理事長」、「柳瀬秘書官」、
「中村時広」愛媛県知事、「菅良二」今治市長
「加戸守行」前愛媛県知事

 
 
の全員を証人喚問して話を聞けば
解決すると思われますが・・・
今後はどうなるのでしょうかね?
 
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links

 
 
関連記事


加計学園問題特集

出展元:https://goo.gl/YimYGM
 
森友学園問題特集

出展元:https://goo.gl/YimYGM