2018年5月10日に
木星が最接近すると
いうニュースが飛び込んできました。
 
 
木星、火星、土星が最接近し、
火星や土星と同じ方角に見えるのは
大正11年(1922年)以来
といわれています。
 
 
今後いつ起きるのか分かりませんが、
次の天体ショーが生きているうちに
観測できるのるかどうか分かりませんので
今回は肉眼で見たいと思っています。
 
 
そのため、今回は
「5月10日に木星を肉眼で見える方角は?」
「木星、最接近のピークはいつ?」

これらについて調べてみます。
 

Sponsored Links
 
 
【2018年5月10日】北海道の木星観測でお勧めの場所や穴場スポットはどこ!?
 
2018年5月10日の木星接近で観測できる望遠鏡の倍率やお勧めの望遠鏡は!?
 

木星が見える方角

 
木星は望遠鏡を通してみると
こんな感じの惑星です。

出展元:Yoshito Ikenoue(youtube)
 
 
ツイート上では・・・


 
 
「土星、火星と同じ方角」
にみえるようです。
 
 
実際の方角はどちらなのか?
 
 
「木星 みえる方角 2018」
で検索してみると
「てんびん座の近く」
で南東の空のようです。

 
 
⇒ 詳しい天体図はこちら
 
 
中旬になると「南の空」
 
 

2018年の木星は「てんびん座」にあり、
「おとめ座」の1等星スピカと
「さそり座」の1等星アンタレスの間を行き来します。


引用元:https://goo.gl/P5sBP2
 
 
こんなツイートも発見!


 
 
木星は
「南西から南東の空」
に見つける事が
出来ます。
 
 

木星を肉眼で見つける方法

 
 
では、
「木星はどうやって肉眼で確認できるのでしょうか?」
 
 
同じ方角に
火星、木星、土星が見えるようなので
 
 
木星の見つけ方を調べていると
 
 
こんな記事がありました。

色は木星が薄茶、土星が黄、火星が赤で「肉眼でも色の違いが分かる」


 
 
火星、木星、土星は
「それぞれ見える色が違う」
ようで
薄茶が木星のようです。

 
 
しかも、
「木星はマイナス2.5等級」

「夜空では一番明るい」
ので
見つけやすいです。
 
 
午前2時頃は
「月と共に並んで見える」
ので
その時間帯は
「月を探す」
と直ぐに見えると思われます。

 

Sponsored Links
 

木星が見える時間帯

 
 
肉眼で確認できるほど
明るい星なので
「空に昇ったら見れる」
と思われます。
 
 

木星は、今月9日に衝を迎えます。
中旬ごろになると、木星の出が早くなり、
真夜中前に南の空高く昇るので、
宵のうちから見やすくなります。


引用元:https://goo.gl/QLHKJY
 
 
「宵のうち」
を調べてみると
「午後6時~9時」
という事なので
「午後6時位から見える」
ようですが
 
 
街中の灯りが消えて
星がはっきりと見える
「未明」の時間帯で
 
 
午前2時頃に
「月と共に並んで見える」
ので
「午前2時が一番観測するのにベスト」
だと思われます。
 
 

ピークはいつ?

 
5月9日に衝を迎えて、
「太陽、地球、木星」が一直線に並びます。
 
 
5月9日~夏頃まで
木星、火星、土星
を同じ方角で観る事が出来ます。

 
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links
 
関連記事