南北首脳会談が
境界線上にある
 
 
「パンムンジョム(板門店)」
の韓国側の施設である
「平和の家」
で開催されました。
 
 
融和ムードで
米朝首脳会談に向けて
いいスタートが切れたともいえます。
 
 
次は、米朝首脳会談ですが
 
 
「米朝首脳会談の日時はいつ頃になるのか?」
「会談後は株価や為替に影響はあるのか?」

 
 
今回はこの辺について調べてみようと思います。
 

Sponsored Links

 
 
米朝首脳会談 関連記事
米朝首脳会談には影武者が現れる!?拉致問題の行方や非核化はどうなる?
 
米朝首脳会談の開催地(候補地)の場所はどこ!?晩餐会(夕食会)のメニューは?
 
 
日朝首脳会談 関連記事
日朝首脳会談 2018の開催時期(日程)はいつ頃!?為替や株価の影響や変化は?
 

米朝首脳会談の開催日程時間(時期)はいつ

 
 
当初は
「米朝首脳会談は本当に行われるのだろうか?」
と疑問視していましたし
 
 
ムンジェイン大統領のおかげで
「米朝首脳会談」
が実現されそうな感じになっています。

 
 
ただし、過去にも
同じようなムードで
「北朝鮮には裏切られた事」
がありますので
まだ、安心は出来ません。
 
 
現在の動きとしては
南北首脳会談を経て、
北朝鮮が非核化にむけて
準備していると報道されています。

 
 

核実験やICBMの発射実験の中止、
それに核実験場の閉鎖を表明


されていますが
 
 
現在、既に
開発保有している核に関しての
処分等が決まっていないみたいです、

 
 
先ほどのニュースによると
米朝首脳会談の開催は
「5月か6月上旬に開催される見込み」
と言う話が出ていましたが
 
 
トランプ大統領の話だと
「3週間~4週間以内」
に開催されると言う事も
言われています。
 
 
南北首脳会談により
「一歩前進した」
と思われるので
「比較的早い段階」

「米朝首脳会談」
が行われるかもしれません。
 
 
時期的には
「5月20日の週」
ではないかなと感じています。
 
 
開催時間は
「晩餐会」
等も控えていると思うので
「午後3時~6時位」

夕方あたりに実施するのでは
無いかなと思われます。

 

Sponsored Links

 

会談後に株価や為替の影響は?

 
 
米朝首脳会談によって
株価や為替に変動はあるのか?

 
 
どのような影響を及ぼすのか
調べてみました。
 
 
「拉致問題に関してはほぼ為替には影響しない」
と思われますが
 
 
問題は
「北朝鮮が非核化に向けて
きちんとした説明を米国に出来るか?」

 
 
現時点では、
「北朝鮮が非核化に進んでいる」
ようにみられますが
 
 
トランプ大統領は
「完全かつ検証可能で、不可逆的な非核化」
を北朝鮮にもとめています。
 
 
為替に関してこんな記事を発見しました。

昔は「有事のドル買い」と言われ、
政治的リスクが発生すると円安が進行しドル円は上昇するというのが一般的でした。
 
マーケットに不安心理が広がると、円は売られ、ドルが買われる、=ドル高になっていたのです。
ドルが逃避先に選ばれていたということになります。
 
しかし近頃では、円は安全通貨という認識がマーケット全体に広まっています。
日本から遠いどこかの地で軍事的リスクが高まったときは、
円が逃避先となり、円高が進み、ドル円は下落するのです。


引用元:https://goo.gl/HTkv8F
 
 
上記の記事どおりだと
もし、これが
トランプのシナリオ通りになれば
世界が安定する方向に行きます。
株価が高くなり、円安に動くと思います。

 
 
逆に、トランプが
描いているシナリオを
「北朝鮮が裏切る」
事になれば
 
 
北朝鮮との有事を懸念して
「株価が安くなり、円高」
に動くと思われます。
 
 
いずれにせよ
「米朝首脳会談の結果次第」
だと思われます。
 
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links

 
 
米朝首脳会談 関連記事


 
日朝首脳会談 関連記事