巨石の風神石というのが
ネットで騒ぎとなっているみたいですね。
ヤフオクで入札しているとか・・・
 
 
風神石って一体どんな石?
なのか調べてみました。
 
 
風神石というから凄い宝石のような石かと
思いましたが、実際に調べてみると、
 
 
高さが4メートル、幅が3メートルという
単なる巨石のようです。

 
 
ピカピカと光っているわけではないです。
 

Sponsored Links

 
これ、一体どこの石で何で出来ているのかと思って調べてみると、
 
 
熊本地震によって、山から落ちてきた石灰岩のようです。
 
 
しかし、こんなどでかい石どこから落ちてきたんですかね?
幸い、これに当たった車等が無くて良かったと思いますし、
民家に落ちてきていたら大変な事になっていたと思います。
 
 
自然の驚異を感じます。
石というより、岩が崩れてきたとしかいいようがありません。
 
 
この石が、なぜ風神石と呼ばれているのか?
 
 
大風で農作物を吹き散らした風神を慰めるために
祭ったとされる水越地区の伝説に着目。「風神石」と名づけ
地元の人たちがヤフオクに出品したらしいです。
 
 
それにしても、自治体って何のためにあるのか、
こういうときこそ、
自衛隊とかで何とかできないものなのですかね?
 
 
こういうときに国が何もしないで
自治体任せってのもどうかと思いますが・・・
 
 
でも、こんな単なる巨大な石を買う人いるのでしょうか?
隕石であれば、買う人もいると思いますが・・・
それに、使い道ってあるのでしょうか?

 
 
疑問に思ったので調べて見ました。
 
Sponsored Links

 

風神石のヤフオク落札者

 
どうせ、まだ入札者は0だと思っていて
ヤフオクを調べてみると驚きました。
既に2人の入札者がおりました。
 
 
まだ、入札者の名前は出ていませんが、
現時点で2人の入札者が出ているようです

 
 
最初、1円で入札して、
1円の入札者がいましたが
その後、11円まで上がっています。
 
 
移動費が凄く高いので、
悪ふざけでの落札はすみません。
 
 
ただ、業者も見に来ていたという話もありますので
もしかしたら、業者かもしれません。
 
 
名前は誰なのか、まだ公表されていませんが、
もしかすると、落札者の名前がテレビで公表されるかも知れません。

 
 
タイガーマスクのように、
復興支援に対してボランティア心がある人で
お金のある人が落札して、
名前が明かされないかもしれません。
 
 
どんな人が落札するのか行方を待ちたいと思います。
 
 
落札者の名前は分かりませんが、
評価が10となっているので、
かなりヤフオクを利用している人かもしれません。
 
 

風神石の落札額や落札後の使い道はあるの!?

 
 
まだまだ、落札額は上がるのでしょうか?
気になるところです。
落札額は2400円のようです。
 
 
ただ、怖いのは落札額は11円でも
運搬費に100万円位かかるそうです。

 
 
もし、悪ふざけだとしたら、ただではすまなくなります。
 
 
ただ、一人の人が自動入札をしているようなので
かなり欲しがっている事は間違いないようです。
 
 
追記:
落札者さんのコメントがヤフオクに書かれていました。

ありがとうございました。
復興の役に立てればという思いで落札させていただきました。
なお、巨石撤去作業の際には危険予知活動等の安全管理を徹底致します。


引用元:http://auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=tadaima_mizukoshi
このコメントを見ると、落札者の方は
石を購入してお金儲けというよりも
ボランティア心の強い人だったと感じられます。
 
 
出来たら顔を見てみたいですけど・・・
 
 
風神石といっても、
隕石でもなく、単なる巨石です
 
 
こんな石を落札して
果たして、使い道ってあるのでしょうか?

 
 
どうやら、3つの使い道があるようです。
ただ、使い道があっても価値がなければ
何の意味もありません。
 
 
羽鳥慎一さんのモーニングショーで
説明されていたので紹介します。
それぞれの使い道と価値
 
 
1つ目は、庭石
こんな大きな石を置く家が
存在するのかといえばかなり微妙です。
 
 
もし、存在したとしても、大きすぎて運べないようなので価値は0円って事になります。
 
 
2つ目は、道路の舗装用の材料
1tが3000円位の価値があるので恐らく15万円前後の価値が見込める
 
 
3つ目は、墓石や燈籠用の材料
いいものだと1tがおよそ4万円で、60~200万円の価値は見込める
 
 
こう考えると、1つめ、2つめは、運搬費が100万かかるので
赤字になり価値は見出せませんが、
3つ目の墓石や燈籠用の材料となると
万が一100万円以上の価値があれば利益を
見込めるので購入しても価値がありますね。
 
 
業者が見に来ていたというのは、
やはり、墓石屋さんとかだったんですかね?
 
 
意外に巨石でも、価値があるというのが分かりました。
 

その後

熊本で造園業業者と建設会社の経営者の義兄弟だった方が
落札され、業者に依頼して巨石を見事に壊し、
壊すのにかかった費用は「約100万円」だったようです。
見事に道が開通されて良かったです。
 
最後まで読んで頂きありがとうございました。
 

Sponsored Links