yjimage

千葉大学の青木伸之教授が
世界初の原始1層からなる半導体の性質を
容易にコントロールすることが出来るようになった
というニュースを聞きました。
 
 
そこで、気になったら調べます。
 
 
青木伸之さんや万能性基幹分子の事について
調べてみました
 

Sponsored Links

 

青木伸之さんのプロフィール

氏名:青木伸之
年齢:不詳
血液型:不詳
出身地:不詳

 
画像はこちら
 
写真を見る限り、なんとなく
ファイターズの解説をする
岩本勉さんのようなかんじですね
 
 
どうでも、いいけど、
なんとかファイターズ日本シリーズで
一勝してくれませんかね?
 
 

大学院融合科学研究科ナノサイエンス専攻ナノ物性コース
工学部ナノサイエンス学科ナノ物性工学領域
量子ナノデバイス研究グループ(青木研究室)

 
で活躍されています。
 
全く、見てもちんぷんかんぷんですが、
ナノサイエンスということなので、
目に見えない小さな分子や原子等を
研究しているのではないかと思われます。

 
 
まぁ、正直、高校時代は化学なんて
ちんぷんかんぷんだったので、
化学が出来る人って物凄い天才だって
尊敬してましたからね~。
 
 
まして、目に見えないことを
追求するってどういう頭しているのかって
思いますよね。
 
 
ただ、こういう人のおかげで、
われわれの暮らしも
どんどんよくなっていってるのは間違いないですよね~
 
 
また、JST戦略的創造研究推進事業(さきがけ)研究員で
現在は第3期生までありますが、
そのなかの第1期生であります。
 
詳しくはこちら
 

万能性基幹分子とは?

万能性基幹分子とは
光や電子線等を放射する事によって、
一つの種類の物質から
その分子間の結合状態に違いが生じ、
金属・半導体・絶縁体といった
性質に変化することが可能な材料の総称を言う

引用元:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000127.000015177.html
 
一瞬読んでも、マツコデラックスのゆめぴりかの
宣伝のように「はぁ?」ってなってしまいますけど、
こんな感じ

 
 
その物質に電気を通したり、
電気を通さなくなったりすることを
光とか電子線を当てることによって
調整できるようになったって事なのかなぁと思います。
 
 
これでも、「はぁ?」って感じかもしれませんが・・・
 

Sponsored Links

 

青木伸之准教授が発見したこと

原子層物質(注1)の一種である
二硫化モリブデン(MoS2)に走査電子顕微鏡で電子線を
放射するだけで、半導体として、重要な伝導帯と価電子帯の間のエネルギー差である
バンドキャップ(注2)が大きくなる現象を世界で初めて発見した。

引用元:http://www.excite.co.jp/News/release/20161018/Prtimes_2016-10-18-15177-127.html
 
 
よくよく調べてみると、
 
 
今までは、フラーレン分子にレーザー光を当てることによって
金属・半導体・絶縁体となる
万能性基幹分子になることが分かってきたのですが、
 
 
今回、新たに、二硫化モリブデンという固体(潤滑剤や半導体にも使用)
に特殊な顕微鏡で電子線やレーザーをあてる事によって、
バンドキャップを持つことが分かり、
半導体から金属へと物質の性質を変化させられる事が可能である
という事がわかったということです。

 
 
今までとは、違う物質でも、
万能性基幹分子になりうるって事が分かったらしいです。
だから?ってことになるかなと思いますよね。

将来何が期待できるのか?

コンピューターやメモリーだけでなく、
LEDやレーザーといった
様々なエレクトロニクスを原子層物質だけで
実現できる可能性がある

引用元:http://news.biglobe.ne.jp/economy/1018/prt_161018_7885924756.html
 
 
もしかすると、LED等の値段が更に安くなるんですかね~。
携帯等も昔では考えられない値段が、
今では、誰もが持っていますからね~
 
 
科学の進歩って凄いですよね~
われわれの生活が見事に変わっています。
 
 
これって、STAP細胞のような発見なんですかね?
あまりニュースにはなっていないようですが、
世界初ってのが凄いですよね。
もっと早ければノーベル賞だったかもしれませんね。
 
 

結婚して嫁や子供はいるの?

今のところ、お嫁さんや子供がいるといった
家族についての詳しい情報はありません。
 
 
女性よりも研究一筋にかけてきたかも知れません。
3度の飯より研究が好きって人もいますからね。
 
 
もしかしたら、
青木伸之准教授も、
大隈良典教授のように
同じ研究室で知り合って、
学生結婚をされて子供もいて、
すでに、家族がいるかもしれませんね。

 
 
何より科学が一日一日進歩しているのは
間違いないですね。
それにしても、日本人って本当に頭が良いですね
 
 
最後まで読んで頂きありがとうございました。
 

Sponsored Links