クッタのCMというのが
シリーズ化されています。
 
 
今回のCMでは
お相撲さんである力士

「松本人志」さん
と共演していると
言うことで話題になっています。

 
 
お相撲さんが
「食った」
というと
松本人志さんが
「なんか可愛いなあいつ」
と言うやり取りがあります。
 
 
「力士の寝顔が可愛い」
と評判です。
 
 
「カップヌードル」
はよく食べますが、
「クッタ」
はよくスーパーで見かけますが
まだ食べたことありません。
 
 
今度食べてみようかなと思います。
 
 
今回気になったのは
「クッタのCMに出演しているお相撲さん(力士)は誰?」
「クッタのCMが寒いし嫌いでダサいとはどういう事?」

 
この点について調べてみます。
 

Sponsored Links

 

お相撲さん(力士)は誰

 
クッタのCMに出ている力士は誰なのか
ツイッターで情報を集めてみました。


 


 
CMに出演しているのは
「千代丸関」
です。
 

千代丸関のプロフィール

 


 
本名は木下一樹さんです。
愛称は
「千代丸たん」
「マルちゃん」
「ミスター肉団子」
「木下兄」


色々な愛称があります。
 
 
なんか
「ぬいぐるみみたい」
でどれも可愛い名称です。
 
 
管理人が
「マルちゃん」
と聞くと
野球選手の
「マルチネス選手」


を思い浮かべてしまいます。
 
 
生年月日:1991年4月17日(26歳)
出身:鹿児島県志布志市
 
 
まだまだ若いですね。
これからが有望な力士です。
 

経歴

 
「旭秀鵬」さんと同期です。
 


 
「千代丸関は柔道」
をやっていたようで、
もし、相撲の世界に入っていなかったら
「地元で子供相手に柔道を教えていた」
と言われています。
 
 
いい体格をしていますし、
足腰が強そうなので
柔道でもかなり強そうな感じがします。
 
 
ただ、相撲も最初から強かったわけではなくて
入門した直後は勝ち負けを交互に
繰り返していました。
 
 
しかしながら、着実に力をつけてきて
「初土俵からおよそ3年半」
と言う期間で
「幕下にまで昇進」
されています。
 
 
相当努力されたんでしょうね。
 
 
千代丸関には
じつは弟さんがいます。
弟さんも力士になっていますが
先に弟さんが上にいってます。
 
 
弟さんは「千代鳳」です。


 
 
入門して1年後
すぐにホームシックになって
結構苦労していたので、
弟さんに
「最初はしんどいので
お前は高校・大学までは
相撲よりも
柔道を続けた方がいい」

 
「考え直せ」
とまで言われたそうです。
 
 
弟さんは
きっと相撲の世界の厳しさを
知っていたんでしょう。

 
 
入門して直ぐに
ホームシックになる力士は
多いって聞きますよね。
 
 
それでも
「千代丸関」

「相撲を諦めなかった」
のは
 
 
稽古は嫌いな方で
自分からは進んではしないようですが
「弟がいたから上がれた」
と言ってますし、
 
 
「弟が先にあがってしまったので焦った」
とも発言されています。
 
 
よっぽど、
「弟さんの影響力が大きかった」
のだと思われます。
 
 
強い意地があったからこそ
幕下にまで昇進されたのだと思います。
 

四股名

 
当初は
本名の「木下」
という四股名をつけていましたが、
親が「千代大志」
と言う名前を考えていましたが
当時、
「千代大海」が現役だったので
「大を使う」事を敬遠したようです。
また、
親方は体が丸いので
「千代丸」
と思いついたのが
きっかけで
「千代丸」
となったそうです。
 
 
管理人なんかは
「丸」と聞くと
どちらかというと
「船」の名前
を思い浮かべてしまいます。

 

エピソード

 
ここに面白いエピソードがあります。
 
 
初めての力士会は
実際には
「挨拶」
しかしないのに
 
 
千代の国や実弟より
初めての力士会では
 
 
あいさつだけではなく
「君が代」を歌ったり
「一発芸」を披露する

のが
「当たり前」
と聞かされた
「ドッキリ」
を仕掛けられました。
 
 
稽古も集中出来ないだけではなく
食事も喉を通らなかったそうです。

 
 
相当、緊張していたんでしょうね。
管理人も忘年会とかで
「一発芸披露しろ」
と言わて
凄い緊張をしたのを思い出しました。
 

取り口

 
兄弟そろって突き押しが型でありますが
立合いからの諸手突きを得意としています。

 
 
千代丸さんの珍しい動画を発見

出展元:One And Only(youtube)
 

Sponsored Links

 

CMが寒いし嫌いでダサい

 
「クッタ CM」
と検索すると
 
 
「クッタ CM 寒い」
「クッタ CM 嫌い」
「クッタ CM ダサい」

と言う言葉が出てきます。
 
 
「一体これはどういうことなんでしょうか?」
 
 
クッタのCMの評判を
ツイッターで見てみると


 


 
クッタのCMが寒いというより
管理人的には
「松本人志さんが出ているCMが寒い」
と感じてしまいます。
 
 
まずは、
「タウンワークのCM」
どんな内容でも
「松本人志」さんが
発言する言葉は
「バイトするならタウンワーク」
しか言いません。
 
 
正直、最初は笑いましたが、
あのパターンは
もう飽きてきた感じがします。

 
 
次に
「ゆうパックのCM」
あれも
「真面目な松本人志さん」
だけで
面白みがかけます。
 
 
それに加えて
今回の「クッタ」も
ただ「松本人志」さんが差し入れして
「クッタです」
と出演者に渡すだけです。
 
 
「松本人志」さんの
ワンパターンなCMが
「寒い」

思われているのではないでしょうか?

 
 
管理人と同じ思いを
持っている人もいました。
 
 

昔の尖った松ちゃんなら、
タウンワークやクッタ、ゆうパックの
寒いCMは絶対に断わってただろう。


引用元:twitter
 


 


 
もう、「寒い」だけじゃなくて
「嫌い」という人もいるようです。

 
 
「CMのワンパターン化」
は、
「ダサイ」
と思われて
「嫌われる原因」
なのだと思います。
 
auの三太郎シリーズのCM

ワイモバイルのCM

ソフトバンクのCM


「ストーリー性があるから」
「次どんな内容なのか?」

って
気になりますが、
 
全くストーリー性がなくて
ワンパターンだと飽きちゃいます。

 
今の若い世代の人は
「ダサい CM」
からは直ぐに離れてしまうと思われます。
 
これらが
「クッタのCMが寒い、嫌い、ダサい」
と言われる要因
名のではないかなと思われます。
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links