ビタミン炭酸マッチcmって
知らなかったんだけど、
こんなツイートを見てしまったら


 
 
気になって・・・
 
 
「天龍源一郎」さんの
言ってる言葉が理解に苦しむというのは
もうお馴染みです。

 
 
最初に爆笑したのは
「ガキの使いの笑っていはいけないシリーズ」
 
 
「学校の先生役」
で出演されていましたが
いってる言葉が
わけ分からずお腹抱えて笑いました。
 
 
そんな天龍さんがCMで出ていると言うので
どんなCMなのか探してみたらありました。

 

Sponsored Links

 

ビタミン炭酸マッチ 新CM「告白」編の流れ

 
ビタミン炭酸マッチ 新CM「告白」編

出展元:nami channel(youtube)
 
BGMをバックに
自転車にのる男子生徒2人が現れます。

 
 
一人の男子生徒Aのアップが映ります。
男子生徒A:「あいつが大人になっちまって3ヶ月」
 
 
天龍源一郎がやけながら自転車に乗っている姿が移ります。
二人、床に寝そべっています。

男子生徒A:「戻りたいんだろう高校生に」
天龍源一郎:「あぁ~」
男子生徒A:「だったら恋しかないだろう」
 
 
「恋は高校生にもどしてくれる」
という文字が映ります。
 
 
女子高生がビタミン炭酸マッチ右手にもって
振り返ります。
 
 
天龍源一郎が女子高生の前に立って
もう一人の男子生徒Aに一言言われます。

男子生徒A:「ほら言えよ勇気出せ」
女子高生が黙って見つめています。
 
 
天龍源一郎:「!@#$%^?」
 
 
女子高生がニヤっと笑って一言
女子高生:「何言ってるか分かりません」
 
 
3人が立ち止まって
ナレーション:「青春は戻らないらしい
 
 
男子生徒Aがビタミン炭酸マッチを
ゴクゴク飲んでいます。

天龍源一郎も横に座っています
ナレーション:「ビタミン炭酸マッチ」
天龍源一郎:「駄目だった」
 

Sponsored Links

 

天龍源一郎さんは告白時に何と言葉を言ってるのか?

 
 
これはかなり理解に苦しむだろうな
と思いましたがやはり予想通り
 
 
「やめれればもどしてあげてくださ~い」
としか聞こえないです。
 
 
ここからは感なんですが、
天龍源一郎さんは女子高生と
よりを戻したいと思っているのか
女子高生に初めての告白なのか?

 
 
よりを戻したくて
「やり直せるならよりを戻してください」
かなと思いました。
でも、付き合っていたと言う設定も
無理ありそうな感じがします。
 
 
他にも情報がないかと
ツイートを調べてみました。
 


 


 


 
改めてネットの情報を見ると
「僕とつきあってください」
と言ってるようです。
 
 
まったくそういう風には
聞こえませんでしたが
さすが天龍さんです。

 
 
そう考えると、
初めての告白シーンだったようです。
告白シーンでの一言ならば
「もし、よろしければ、僕とつきあってください」
とかではないでしょうか?
 
 
ちなみに、BGMにかかっていた曲名はこちら
西野カナさんの「パッ」です。

 
初回限定版が販売中です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パッ (初回限定盤 CD+DVD) [ 西野カナ ]
価格:1519円(税込、送料無料) (2017/8/5時点)

 

男子生徒と女優は誰?

 
男子生徒のほうは、
ジャニーズJrでもあり、Mr.KINGの
「平野紫耀」さんです。

 
 
小学校のときからダンスをやって
中学校のときからアクロバットもやっていました。

 
 
天龍源一郎さんとジャニーズJrのメンバーを
使うというのはテレビに悪意を感じます。
 
 
ギャップが大きすぎでしょう。
 
 
一方、
告白される女子高生は、
「恒松祐里」さん
 


 
 
目がクリンとしていて
可愛いですね。
 
 
大きな瞳で見られると
なんかドキっとします。
 
 


 

生年月日 1998年10月9日(18歳)
出生地 東京都
身長 158 cm
血液型 B型
職業 女優
ジャンル 映画、テレビドラマ、CM
事務所 アミューズ


引用元:wikipedia
 
あの女子高生役からは想像できないんですが
 
 
照れ屋な性格でそれを心配した両親が
7歳でオーディションを受けさせたって言うのだから
両親も凄いですよね。

 
 
照れ屋であるならば、
気を使って
「なるべく人前に出さないようにする」
のかと思いますが、
この子の将来のためにと思って
オーディション受けさせたんですね。
 
 
それにしても、照れ屋なのに
子役でデビューするというのは
やっぱりかなり魅力があったのだと思います。

 
 
「明石家さんまさんにも好かれていたらしい。」
 
 
月に2回程度で、年24回だとしたら
「10年間で240回」
もオーディション受けたんだって
 
 
普通なら途中で挫折してしまいそうだけど、
照れ屋であるけどかなり根性のある女性には
間違いなさそうです。

 
 
今後も期待が持てそうな
女優さんの一人だと思います。
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links

関連記事