佐川宣寿理財局長が
佐川宣寿国税庁長官になりました。
 
 
しかし、この栄転は正直驚きました。
 
 
森友問題で何も説明せずに、
公文書を処分して、
隠蔽した人が理財局長から
国税庁長官って正直信じられません。

 
 
ツイートを見てみると、


 


 
こんな抗議をしている人もいるようです。


 


 


 
こういうのを見てみると、
国税庁や税務署で苦情が多いようですね。
 
 
「佐川国税庁長官」
で検索すると
「佐川国税庁長官 税金払いたくない」
という言葉が出てくるので
相当多くの国民が思っているんですかね?
たしかに、
国のトップがやってきた事を見ると、
「税金払いたくない」って
いいたくなる人の気持ちも分かります。
 
 
税金払わない理由を
次のような理由にしようとしている人もいるみたいです。
 
 

「だって税務調査されても知らぬ存ぜぬを貫けばいいんだろ。
トップが国会で身をもって教えてくれたじゃないか」
 
 
「短期間で自動的に消去されて復元できないシステムなんです」


引用本:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/208982/2
 
 
国民の怒りが頂点に達しているというのも
理解出来ます。
 
 
ただ、これを国民が実行したら
間違いなく警察に捕まると思います。

 
 
ところで、国税庁長官になったら
その後、就任会見するのですが、
佐川国税庁長官の就任会見の
日程に関してはまだ決まっていません。

 
 
いつになったら就任会見されるのでしょうか?
 

Sponsored Links

 

佐川国税庁長官の就任会見の予定日時はいつ

 
 
今のところ、予定日時に関しては発表されていません。
 
 
迫田国税庁長官が就任した際には
2016年6月17日に就任して
29日に会見しています。
 
 
その前の中原国税庁長官は
2015年7月7日で就任氏、
23日に会見されています。

 
 
調べてみると、
迫田国税庁長官は
就任してから12日後、
中原国税庁長官は
就任してから16日後
 
 
これを見ると
「就任してから2週間前後」
で就任会見しているようです。
 
 
そう考えると、
佐川国税庁長官は
就任が
「7月5日」
なので
 
 
就任会見は
「7月17日~7月21日辺り」
ではないかなと思われます。
 

Sponsored Links

 

就任会見の内容や発言は?

 
 

迫田国税庁長官は、
「各国税務当局と連携するなどして国際的な租税回避に対応したい。
富裕層に対する適正課税の確保にも取り組んでいきたい」
 
 
中原国税庁長官は
「あらゆる資料情報を活用し、富裕層などを的確に把握し適正課税に努めたい」


等と
「適正課税」
について発言しています。
 
 
また、一部ではこういう会見では

「納税者の信頼を得たい」


引用元:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/208982/2
 
 
という発言が多いようです。
 
 
そうなると、佐川国税庁長官が
就任会見の内容で
どんな言葉が出てくるのかが
気になります。

 
 
まさか、
「納税者の信頼を得たい」
という言葉を
あの、国会で発言していたときのように
何事もなかったかのように
発言したら驚きです。
 
 
詳しい内容が分かり次第追記します。
 
 

佐川宣寿国税庁長官の年収

 
佐川理財局長と佐川国税庁長官の年収って
どれくらいになるのか気になったので調べてみました
 
知恵袋でこんな回答がありました。
 

高級官僚(課長以上)
キャリア組として記載致します。(あくまで人事院からの報告書
による)
・本省局長:1746万3000円
・本省課長(45歳で妻と子2人の場合):1199万2000円
・課長補佐(35歳で妻と子1人の場合):724万7000円


引用本:yahoo知恵袋
 
理財局長では
「約1750万」
のようです
ただ、一部のネットでは
「1730万」
という声もあります。
 
 
では、国税庁長官っていくらくらいもらえるのでしょうか?
 
 

国税庁長官の給料は110万6,000円であり、年収は1770万円以上になります。


引用本:https://kyuryobank.com/komuin/ntr-officer.html
 
 
これだけ見ると数十万しか違わないように見えますが、
実際はもっともらっていると思います。
 
 
おそらく、
かなり高額な給料はもらっていると思われますので、
「年収2000万以上」
はあるのではないのかなと思います。
 
森友学園問題特集

出展元:https://goo.gl/YimYGM
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links