本日のヤフーニュースを見ていましたら。
突然、和田政宗さんが
前川氏のことで
国会で質問をしたようです。
 
 
「和田政宗」と検索してみると
 
 
「和田政宗 右翼」という言葉が出てきます。
「一体これはどういう意味を示しているのか?」
 
一番最後に追記があります。
 
まず、「和田政宗」氏は、元NHKアナウンサーのようです。
アナウンサーを経て、議員になられています。

みんなの党⇒次世代の党⇒日本のこころを大切にする党を経て
現在は、無所属のようです。

 
 
「みんなの党」
といえば、
「アジェンダ」で一躍有名になった
「渡辺喜美」

「江田 憲司」

 
 
物怖じをせずにどんどん意見を発するる
勢いのある政党でありましたね。

 
 
どうやら、みんなの党で出馬する際に
韓国の「反日デモ」に参加したとされる
対立候補の所属する
民主党の批判
をして、
「動画を配信したり、インターネットを利用して
選挙に勝った」

ようです。
 
 
この人はどうも、
「youtubeやインターネットを利用するのが旨い」
ようですね。
 
 
「反日」を否定しているので
「和田政宗」氏が「右寄り」と言われてるのは
この事からはなのではないでしょうか?

 

Sponsored Links

 
「報道特注」
という動画にも出演されています。
 
 
この動画のタイトルは
報道特注(右)と書かれています。
また、(右)というのは「右寄り」ですよ。
という事を示してると思われます。

 
 
報道特注に出演されているメンバー
「足立康史」氏、「和田政宗」氏、「生田かつよし」氏、
「丸山穂高」氏、「山口敬之」氏等です。

 
 
報道特注という動画を見て
思ったのですが、
 
 
そういわれれば、
「和田政宗」氏といえば
「森友学園問題でおかしな方向」
に位置づけようとされていた感じがします。
 
 
さらに、報道特注では
「和田政宗」氏は
 
「加計学園問題」の
「怪文書は朝日新聞の捏造」で
「前川氏の文書が偽者である」
かのように言われていました。

 
 
詳しくは
「#22報道特注」
で動画を検索して頂くと分かります。
「8分10秒」
当たりから見てください
 
しかしながら、実際のところ「加計学園」の文書は
「和田政宗」氏の推測とは異なり
朝日新聞の言ってることは本当で
文書は本物であった

 
 
「和田政宗」氏と言う議員は
前川氏の人格まで否定し、
「平気で動画を公開」
しながら、
 
 
「嘘ついていて謝りがあっても
何も謝罪せずに平気でそのままいられる心境」

が管理人にはよく分からない。
 
 
「和田政宗」氏や「報道特注のメンバー」の言動を見ていると、
「動画で公開されていようが、嘘をついても謝罪する必要がない」
と言ってるようなものです。
 
 
更に、今回、国会で「加計学園問題」で

「誰も知りたがってはいない」
し、
「読売」や官邸のやり方で
もう、うんざりだと思っている
「出会い系バー」
の話をもちだし、
「前川氏の人格を更に攻撃した」
のだから信じられない話です。
 
 
「和田政宗」氏が「加計学園問題」の事を
いくら推測で話そうがかまわないが、
「謝りはきちんと認めて謝罪」
をするのが
「常識」
というものではなかろうか?
それとも、
「国会議員に常識は通じないのだろうか」
というより、
「嘘を突き通す国会議員って国民に信頼されるものなのでしょうか?」
 
 
こんな記事を見つけました。

 

出展元:http://uyouyomuseum.hatenadiary.jp/entry/2017/03/11/171256
 
 
これが本当かどうかは分かりませんが、
もし本当であれば、
「和田政宗氏がなぜ、逆に国会で追及されないのか?」
不思議ですね。
 
 
あの動画をみただけでも、ほとんどの人が
「報道特注という動画」

「嘘を垂れ流しても平気でいる」
メンバーの集まりの動画なんだと思うのではないでしょうか?
 
 
「良識のある人間」
であれば、
「動画に関して不適切な表現」
があれば
「お詫びして訂正する」
のが普通だと思いますが・・・
 
 
管理人が思うには
「一般人であれば好き放題動画で何を言ってもいいでしょう」
しかし
「国会議員という肩書きがある以上は、
国民に対して影響力のある人間であるはずなので
動画で言う事には責任を持たなければならないはず」
だと思いますが・・・

 
 
報道特注のメンバーは
国民が知りたい事とは
全然関係の無い事を
されていたような気がします。

 
 
「世論調査でも誰も声を上げていない事」

「平気で国会で取り上げていた」
のには驚きました。
 
 
確かに、
「報道特注のメンバーの議員」

「印象操作」
によって国民の関心を
別の方向に持っていこうとされていたと
今となっては感じます。

 
 
「森友学園」の問題を話している中で
突然
「朝鮮学校」
等の話が出てきたのは違和感を感じました。
 
 
それは調査する必要があるかもしれないのですが、
「なぜ、その問題を今追及する必要があるのか?」
 
 
「世論調査で、世間の人が気になっている人と
まったく違う事を質問していた」

のは
 
 
よく調べてみると、
「この報道特注のメンバーの議員」
に多い事が今わかりました。
 
 
なぜ、報道特注のメンバーは
あの段階で
「ドヤ顔」
で、
「変な質問を平気で国会で質問されていたのか?」
国民として不思議に思います。
 
 
今思うと、
突然、変な方向へ国民の関心を
そらせようとしているようにしか
思えないですよね?

 
 
つまり、報道特注のメンバーが
何をしたいのかといえば、
「安倍政権」を擁護するのが主として、
「野党」を批判するのが狙いのようです。

 
 
こんなツイートがありました。


 
 
この意見からも明らかに
「和田政宗」は
「右寄り」なのではないかな
というのが疑えます。
 
 
報道特注を見ると、
「国会議員ってそんな暇なのか?」
って突っ込みを入れたくなりました。
 
 
他党の議員が一緒になって、
野党批判するために、
動画を取る時間をあわせられるんですかね?

 
 
「そんなにいつも暇なんですかね?
このメンバーの議員の方たちは」

 
 
国会議員ってもっと、国民の税金のために
汗水たらして、市民の声を聞くのが
仕事なんじゃないかなと思いますが・・・

 
 
このような動画を見ていると、
「動画とって他党の批判して笑っている」
のが大事なように思えます。
 
 
報道特注にとっていることを
国会で質問してはいますが、
答えが出ていないものばかりです。
 
 
「辻元清美議員」の問題
どうなったんですかね?
 
関連記事:
辻元清美は現在どうしている?行方不明やどこかに隠れている真相は?
 
 
「100万円授受が嘘」の問題
筆跡鑑定で調べて追求するのでは
なかったんですかね?
 
 
国会で質問するのは良いのですが、
野党も同じですが、
このメンバーも、
「結局質問しっぱなしで追求しきれてないんですよね。」
 
 
陰でこそこそ動画で喋っていないで
堂々と発言すれば良いのにと思いますが・・・

 
 
そういえば、
「山口敬之」氏は現在どうしているんですかね?
 
関連記事:
山口敬之 現在は病気で入院か!?病名や入院先は?結婚して嫁や子供がいる!?
 
 
どうも、
「最近の国会議員は昔の国会議員と違う」
と感じます。
 
 
最近、周りの声を聞くと、
 
 
「どの国会議員も、
昔のような政治家ではなくて
政治屋ばかり」

と聞きますが、
 
 
このような行動をしている事も
そう言われる原因なのかもしれません。

 
 
不思議なのが
「足立康史」氏と
「丸山穂高」氏であります。

 
関連記事:
丸山穂高 父が教育者はガセ!?山口敬之との関係は?
 
 
「維新というのは野党」
のはずですが
発言を聞いていると与党寄りの発言で、
徹底的に「野党」を批判されています。
 
 
維新のスタンスは
「森友学園問題」に関しても無関心
「加計学園問題」に関しても無関心
 
 
「維新が野党と言うのがおかしい」
と思いますし、
野党も、だらしなすぎます。
 

Sponsored Links

 

加計学園問題で前川氏のイメージを印象操作?

 
 
「和田政宗」氏が文科省に次のように質問をしたと
本日の夕刊フジが掲載したようです。
 
 
「政権寄りの夕刊フジ」

「前川氏のイメージを印象操作」
をしようとしているのは、
 
 
「岸博幸」氏の件を見ると
明らかですが・・・

「前川氏は、出会い系バー通いを『貧困調査』と言っていたが、
実際に、こうしたバーに出入りする女性の貧困についての対策や、
研究をするよう指示はあったか。また、前川氏からリポート提出の指示はあったか」
 
これに対し、文科省の佐藤安紀生涯学習総括官は答えた。
 
「ご指摘の貧困調査について、在職中の前川氏より、関係部局において具体的な対策や研究の指示を受けたことはない。また、文部科学省として前川氏の行動については把握していないが、在職中の前川氏が女性の貧困に関するリポートなどを提出した事実はない」


引用元:https://goo.gl/qvoM3Y
 
 
そもそも、あれだけ「加計学園問題」で読売新聞や読売関係のテレビが
「前川氏の個人攻撃をして失敗した」
はずですし、
今、「加計学園問題」での国民の関心は「前川氏の人格」
や「出会い系バー」の話ではないはずです。

 
 
「和田政宗」氏は一体何を考えているのだろうか?
「自民党の支持率を更に下げたいと思っているのだろうか?」

 
 
おそらく、
「和田政宗」氏の考えはこうだろう
 
 
「森友学園問題の籠池氏と同じで、
加計学園問題も前川氏の人格がおかしい
ということになれば
この問題は森友学園問題と同様に解決できる」

 
 
しかし、
「前川氏の出会い系バーの話」
はもう済んでいてうんざりの話です。
 
 
「国民はまだ、森友学園の問題も解決はしてません」
「加計学園の問題は前川氏の人格ではありません」
 
 
和田氏についてはこんな意見も出ています。
 
 

あの文書のことを和田は「朝日は嘘を付いている、怪文書だ。」と叫んでいたのが、
前川が出ると「前川が自分で勝手に作ったものだ」と言い、それが本物だと判明すると
「ヤジやめようね」と論点をずらし始めました。
 
他人のこと嘘つきとはよく言えるものだ。


 
 
この事を言ってるようです。

和田氏は公式ブログに、
《M氏は各メディアに文書を持ち込み、記事として書いて欲しいと依頼していました。
しかし、朝日新聞以外は記事にしませんでした。
それはM氏以外に裏付けが取れず、M氏自身が作成して持ち込んだ可能性が否定できなかったからです》
と書き込んだ。


引用元:https://goo.gl/Pyj8VQ
 
 
「怪文書は前川氏が自分で作ったものだという嘘」

「何の証拠もなく平気で話を作り上げた議員」
(「和田政宗」氏)を
「いまさら、信用するものがどれだけいるのか?」
甚だ疑問です。
 
「和田政宗」氏にこんな厳しい意見もあります。
 

公費で調査してるわけじゃないんだからレポートの提出が必要ないことくらいわかるだろ!和田ってやつ大丈夫?
 
 
デート目的なのか調査目的なのかはわからんが、そんなプライベートなことを国会で質問してる時点で国家議員として終わってると思う。
 
 
別にどっちでもよくない?w
民進とやってること同じジャンwこの議員は民進?


 

仮にデート目的であったとして、
なんの加計学園と何の関係があるの?
 
 
和田ってやつ頭大丈夫?


 
管理人もこんな事を国会で質問している事に疑問を感じます。
 
 
前川氏がレポートに書かない理由には
こんな意見もあります。

 

自分のカネで行ったんだからレポートとか必要ないだろ。
 
業務時間外の行動であり、個人的に関心があった事だろうからリポートを提出するも何もないだろうが。
バカなことを質問するな!こんな国会議員に税金を払っていると思うと腹が立ってくるなぁ。


 
また、
政府にもこんな反論が出ています。
 
 

そもそも、そんなに政府が悪いて思ってたなら、
何故次官の時に正そうとしなかった?


 
 
やはり、現在の国会議員の動きを見ていると
どの国会議員も自分が大事で、
国民は大事だとは思っていないように思えます。

 
 
「和田政宗」氏にとって、「前川氏」は
自分が追い込もうとしていた人間である事は
さきほどの公式ブログの発言より一目瞭然でしょう。

 
 
「怪文書は本当に存在してしまった」
ので
その思惑が外れてしまった。
 
 
そのため、なんとしても
「出会い系バー」の話を持ち出して、
前川氏の信用を損なわせ、
自分の信用を回復しようとしていたのではないかと
ほとんどの人が思うのではないでしょうか?

 
 
つまり、この事からみても、
「和田政宗」議員があの質問をしたのは
「国民のためではなく、自分の信用を失う事を避けるため」、
あれだけ、どうでもいい前川氏のプライベートを攻撃していたので、
つまり、
「国民よりも、自分が大事である事を裏付けている」
のではないでしょうか?
 
 
国会でおかしな質問をすればするほど、
世論と離れた質問をすればするほど、
「国会議員ではなく単なる政治屋」
に見えてしまうのは管理人だけでしょうか?
 
 
こんなツイートも


 
 
これらの事を見ると、「和田政宗」議員が
「岸博幸」氏と同様に
「和田政宗」氏が前川氏のイメージを
印象操作しようとしている

と思われても仕方が無いのではないでしょうか?
 

追記

またもや、「籠池氏の筆跡鑑定」と
同じ細かい事で
国民の関心をそらせようとしていますが、
 
 


 
 
だったら、
「前川氏を承認喚問して聞けばよいのでは?」
と思いますが、
「和田氏は前川氏を承認喚問しろって言いました?」
 
 
この問題が国会で取り上げられたとしたら
「国会は大丈夫なのか?」
と心配になります。
 
 
正直、「和田政宗」議員が国会で言ってることは
ほとんどテレビでは取り上げられないので
たぶん、本人は
「問題の本質ではない質問である」
と言う事に気づかれていないようです。

 
菅官房長官も怪文書だけが一人歩きしていた
と言っておられて逃げられていましたが、
ここに来て、菅さんが逃げたがっている
「怪文書」
と言う言葉をまた持ち出してきています。
 
 
前川氏がメディアに持ち込んだ文書に関しては
前川氏か誰かが文科省からメモを提供してもらって
作ったとか言われています。

 
 
「証拠が大事」
とか言う割には、こういう事は平気で
「推測」
で話されていますよね。
 
 
それに、今、問題になっているのは
「メディアに持ち込んだ文書が誰って事でした?」
「怪文書の犯人は誰という犯人探しでした?」

 
 

和田氏の狙いは
「一体なんであるのか疑問です」

 
 
しかし、前川氏が言ってた文章
と文科省のメールの内容が
違っていたなら問題でありますが、
文科省も同じであると言われていますので
何の問題も無いと思われますが・・・
 
 
「この人本当に国会議員で大丈夫なのでしょうか?」

このような事を取り上げたり、
前川氏のプライベートを国会で質問するのを見ると、
単なる、
「ワイドショーのリポーター」
にしか見ないのは管理人だけでしょうか?
 
 
元財務省の官僚だった人が
テレビで発言されていましたが、
 
 


 
 
全て一致しなくても、何も不思議な事ではないと言ってます。
「和田政宗議員は、本当に官僚の人にヒアリングを確認したのか?」
これが、自分の思い込みだけで話していたとしたら正直驚いてしまいますが・・・
 
こんな反論もあるようです。


 


 
加計学園問題特集

出展元:https://goo.gl/YimYGM
 
森友学園問題特集

出展元:https://goo.gl/YimYGM
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。
 

Sponsored Links