昨日は
「眞子さまご結婚」の
ニュースでしたが、
 
 
いまだ、「北朝鮮問題」
を取り扱っている番組も
多いのが気になります。
 
 
そのためか、
なぜか、「森友問題」で
籠池氏が出してきた財務省の
メールに関してのニュースも
一切テレビで扱われません。

 
 
本日、朝のフジテレビの番組で
「加計学園問題」
放送されていました。
 
 
どうやら、「総理の意向」
と記述された文書が
見つかったらしいです。
 
 
一番最後に追記があります。
 
 


 
 
文章の中には

最短スケジュールでの開学は官邸の最高レベルが言っている。
総理のご意向だと聞いている


引用元:モーニングショー
という文言も入っています。
 
 
この文書を拝見された「菅官房長官」
「作成した日付や作成した部局が明確でない怪文書」
と反論されていました。
 

Sponsored Links

 

加計学園問題 内部文書の真相は?

 
そのため、一部ネットでも、
捏造されたのではないかと
騒ぎになっております。

 
 
確かに、管理人も
あの文書を見るだけでは
間違いなく捏造出来るレベルだし、
 
 
公文書というよりは、
単なるメモにしか見えませんでした。

「永田メール事件が再来」
したのかと思いました。
 
 
ですが、色々な人の意見を聞くと
あのメモらしきものが
「どうも本物らしい」です。
 
 
元文部省官僚の
「寺脇研」さんは
次のように発言されていました。

 
 

「これらのメモ書きは通常は起こしてあるもの。
森友学園問題で財務省がないとしたの方がおかしい。


引用元:モーニングショー
ただ、ひっかったのが
「官邸の最高レベル」や
「総理の意向だと聞いている」

と書かれている事
 
 
これが
「実際に安倍総理自信が発言したのか?」
それとも、
誰か別の人間がこの計画を早めるために
「安倍総理の名前を使っただけなのか?」
 
 
この事に関して、
「本当に安倍総理自信が発言したと
証明できる証拠はあるのでしょうか?」

 
 
これが分かりません
 
 
だ、この内部文書自体に関しては、
「安倍政権寄り」の
「田崎」さんも本物だと言われてました。
 


 
つまりこの内部文章に関しては
どうやら「本物」のようです。
 

Sponsored Links

 
また、全文が出てきたようです。
新たに具体的な日時や
出席者が出ていたにも関わらず、
 
 
なぜ
文部科学省の人に何を質問しても
「国会でも答弁させていただきました通り、
現在、まだ確認中ですので、恐縮でございます」

の答えしか出てこないのか不思議に思います。
 
 
「いったいいつになったら確認が終わるのか?」
「今後、またノリ弁や資料廃棄なんて事にならないのか?」
等疑問がいっぱいです。
 
 
「義家文科副大臣」も文書について
「確認できていない。見たことがない」
と言っておられます。

 
 
こういう発言をされると言うことは
 
 
予め質問をしていても
 
 
結局は、
野党の質問を無視していると
しか思えません。

 
 
これが
「教育者たる人のする行動」
ですかね?
 
 
まさに、
「森友学園」
の時の答弁と同じようです。
 
 
「官邸寄りの田崎氏」が本物
と認めているのに
 
 
いまだ、
「菅官長官」
が否定するのはなぜなんでしょうか?

 
 
また、この問題も
結局は闇の中に
消えてしまうのでしょうか?

追記

松野文科相が、
 
 
開学の時期に関して首相の意向があったかについて
「要請があったのかと言えば、ない」
と否定したと報道されていますが、
「あった」とは言わないのが当然だと思われます。
言った時点で
「総理の辞任」
が決定しますから・・・
 
 
「いつ何をどう調べたか?」
の説明もされていません。
 
 
「日報」の件を思い返せば、
今回「あったとしても無い」と
言う事も十分可能性としてはありえますから・・・

 
 
省内に調査チームを発足させたようですが、
身内で調査させてはだめだと思うんですよね。
 
 
調査しているように見せて
結局
「答えは何も出てこない」
と思います。
 
 
日本獣医師会顧問の
「北村直人元衆院議員」
が事実だと言われており、
「山本幸三国家戦略特区担当」
の名前が出ています。
 
 
手書きの文章であれば
「筆跡鑑定」等の調査ができますが
今回はそうではないようです。

 
 
いずれにせよ、
ここに名前が出てきた人物の
「証人喚問」
をすればよいだけの話だと思います。
 
 
「与党が証人喚問を拒む」
のであれば、
「森友学園問題」
と同様に
「疑惑が増す」
のではないかなと思われます。
 
 
今後、その他に
「音声データ」
等も出てくるのかが気になるところです。
 
 
現在、
「調査結果が出来レース」
だったのではないかという
疑いが出ているようです。
 
 
松野氏が調査開始を明らかにしたのは19日午前9時半過ぎ。
その結果は午後4時に発表された。
「なんとたった半日しか調査をしていない」
ようです。
 
 
しかもパソコンの個人ファイルは
調査していないようです。
 
 
あの文書からして
間違いなくパソコンで作った文書なので
 
 
パソコンを調べないで
調査したとか言ってますが信じられません。

 
 
ここ調べていないで
調査は尽くしたとか言ってますが
「これで国民は納得するのでしょうか?」
 
 
これには驚きですね。
半日で調査が終了するとは到底考えられません。
 
 
ここで
「結論ありき」
との見方が
広まっているようです。
 
 

ある文科省の職員は
「『なかった』という結論は官邸の指示。調査は出来レースだった」
と言い切った。


引用元:https://goo.gl/ywUGG5
 
 
やはり、ここにも
「官邸からの圧力があった」
としか言えないのではないでしょうか
 
 
しかし、こんな結果になることは分かっていたはずです。
なぜ、民進党はこういう攻め方しか出来ないのでしょうか?

次の手段は考えているのでしょうか?
 
 
このままでは永田メール事件と
同じなりそうな気がします。

 
nbsp;
この問題に関しても
新たな情報が入り次第追加します。
nbsp;
加計学園問題特集

出展元:https://goo.gl/YimYGM
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links