先ほど、テレビを見ていたら
突然のニュースが飛び込んできました。
 
 
その内容とは
アメリカのトランプ大統領が
FBI(米連邦捜査局)の
「コミー長官を解任」したという事です。
 
 
突然のニュースで驚きました。
 
 
「なぜ、突然解任したのか?」
 
 
ニュースを聞いていると
解任理由は
「クリントン氏のメール問題」等と
言われていましたが
真実は明らかになっていません。

 

Sponsored Links

 

コミー長官を解任した本当の理由

 
 
「クリントン氏」のメール問題といえば
一度、不起訴になっていたのを
大統領選挙間際になって
新たな証拠が見つかったために、
 
 
捜査を再開させて
トランプ大統領を当選させた
ある意味恩人だと思いますが・・・

 
 
「クリントン氏」よりも
「トランプ氏」を応援していたはずです。
 
 
しかも、解任理由が
「クリントン氏のメール問題の訴追を見送った事が「重大な誤り」」
とか言われています。
 
 
また、
「FBIへの国民の信用と信頼を回復できる
新しい指導者を見つけることが不可欠だ」

等とも言われていますが、
 
 
「なぜ、この時期に?」という疑問が残ります。
 
 
もし、信用できない人間であれば、
「大統領を就任した直後に解任」
させないとおかしいと思います。

 
 
「大統領就任させて何日経っているのか?」
「信頼出来ない人間を放っておいたトランプの責任は?」
等と逆に追求されそうな気がします。
 
 
誰よりもトランプ氏を応援していたはずの
「コミー長官」が解任されるのは
そもそもおかしな事に感じます。
 
 
こんなツイートもあります。


 
 
また、「コミー長官」は
「FBI史上で大統領に解任された2人目のFBI長官」
のようです。
 
 
普通は、大統領がFBI長官を
解任するのはありえない話なんです。

 
 
そこで浮上してくるのが
「ロシアとの関係を隠蔽する」説
 
 
「ANN系のニュース」でも
取り上げられていました。
 
 
「クリントン氏のメール問題」は
「トランプ氏がロシアと協力したのではないか?」
という疑惑がもたれていて
現在、FBIによる追求をされています。
 
 
そのために、トランプ陣営は
このFBIからの捜査から逃れたいと
思っているのが自然だと思われます。。

 
 
しかも、今後公開されると思われる文書に
「トランプ大統領はロシアとの疑惑で
捜査対象には当てはまらない」と言われた等
の趣旨の事が書かれていたようです。

 
 
つまり、「コミー長官」を解任してしまえば
自分は「ロシア」との疑惑から目が離れてしまいます。
 
 
それが「真の狙い」だったのではないかと
いう見方も出来ます。
 
 
現在では
「やっぱりロシアと関係があったのでは?」
と考えているメディアが多いようです。
 
 
管理人と同じ考えの人もいるようです。


 
 
国のトップが
「都合の悪い事は隠蔽しようとする」というのは
やはりどこの国も同じなんですかね?
 
 
それにしても、まだ人事が全然決まっていないし、
支持率がどんどん下がっているトランプ大統領。

 
 
今回は、
「下がった支持率を上げる狙い」
なのかも知れませんが
 
 
次から次へと解任させて
「逆に支持率下がると思いますが・・・」
 
 
いつになったらきちんとした人事が決まるんでしょうかね?
 

Sponsored Links

 

後任候補は誰?

 
 
FBIの長官は通常、
 
 
後任として、
上院で承認された人がいない場合は
自動的にFBI副長官がFBI長官代行になるようです。
 
 
今回、コミー長官の後任候補として
「アンドリュー・G・マケード(マッケイブ)」氏
長官代行に選ばれたようです。
 
 
関連記事
新FBI長官代行 現在はアンドリュー・G・マケード(マッケイブ)氏 wikiや経歴は!?嫁は美人?
 
関連記事
新FBI長官 クリストファーレイ氏とは?wikiや経歴と嫁もチェック!
 
 
それにしても、都合が悪くなったら
解任されるとなれば、
今後、選ばれた人もなかなかやりづらいでしょうね。

 
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links