凄いニュースが飛び込んで来ましたね。
自民党の市議である
左近憲一市議が
 
 
朝日放送で刃物を取り出したと言う事で
逮捕されたようです。
 
 
どうやら、自民党批判の朝日新聞に
恨みがあったようです。

 
 
こういうことをすると
更に自民党のイメージが
悪くなってしまうと思います。
 
 
それにしても、
自民党の様々な問題発言や不祥事が
立て続けに出ているのに、
 
 
またもや出てしまったと言うのは
やっぱり緊張感というか
皆さん、議員としての自覚がないんですかね?

 
 
それにしても、
この事件はちょっとやりすぎというか
信じられない事件です。
 
 
新聞でも、政権よりの産経新聞、
政権批判の朝日新聞の2種類がありますが
どちらかがだけが正しいとは
いえないと思います。

 
 
管理人的には、新聞の内容を見ると
どっちもどっちのような気がします。
 
 
一方だけが悪いと、
一方的に批判するのはおかしいかなと思います。

 
 
今回は、この左近憲一市議について
調べてみようと思います。
 

Sponsored Links

 

左近憲一さんのプロフィール

 
 
自民党大阪府支部連合会に属しているようですが
現在、残念ながら
プロフィールが書かれているページが
見れなくなっております
 
 

名前:左近 憲一(さこん けんいち)
選挙区:富田林市
生年月日:1947年1月03日


引用元:http://www.osaka-jimin.jp/profile/sakonkenichi/
 
 
「市町村議会議員を5期」も勤めているようです。
 
 
ぱっと名前を見ると
「在日の方で韓国・朝鮮人」のような
ちょっと日本人離れしているように
感じますが日本人の方だと思われます。
 
 
富田林市議会での画像を見ると
見た目は、昔の政治評論家の「三宅」さんを思い出します。
 
 
ただ、自民党大阪府支部連合会の方をみると
ちょっと怖い顔つきなのは何ででしょうか?
 
 
大阪府支部連合の画像は強面の顔なので、
刑事のような顔つきに見えませんか?

 
 
高校や大学に関しての情報は
残念ながら見つかりませんでしたね。
 
 
「建設消防常任委員会に所属」しているようです。
 
 
では建設消防常任委員会って一体どんな事を
担当しているのかといいますと
 
 

まちづくり政策部、産業環境部、上下水道部、消防本部、農業委員会の所管に属する事項


引用元:http://www.city.tondabayashi.osaka.jp/gikai/gikai.html
 
 
左近憲一市議は
一体どんな事をされていたんですかね?
あの見た目から言ったら、
 
 
「農業委員会」の方に力を入れてそうな感じもしますが
意外に親分っぽくみえますので
統率力があって
「まちづくり政策部」とかに力を入れていたんですかね?
 
 
調べてみると富田林消防署の不祥事と隠蔽を
追求していた正義感の強い人だったようです。
まさか、自分が逮捕されるとは
このときは思っていなかったんでしょうね。

 

Sponsored Links

 

年収

 
 
「月額およそ60万弱」なので
議員報酬だけで
「年収で720万弱」というところでしょうか?

 
 
これに、おそらくボーナスが何回か出るので
間違いなく「年収は1000万近く」になると思います。
 
 
あまり市議会議員の
議員報酬の平均が分からないので
これが市議会議員としては
年収が高いのか安いのかとはいえませんが、
 
 
サラリーマンから比べると
圧倒的に高いですよね。

 
 
これだけ給料貰っていると
やっぱり、一般人とは
感覚や考えが変わってきてしまうんですかね?
 
 
管理人なら
これだけの給料が貰えたら
たとえどんな事を言われても
耐える事が出来ると思います。

 
 
どんな事があっても、
刃物を持つなんてことはしないです。
 
 
でも、その給料が貰えるのが
当たり前になってくると
感情が抑えられなくなるんですかね?
 
 
5期ともなると
「気の緩みも生じてきたんですかね?」
 
 
「何をやっても許される俺が一番なんだ」
という何か勘違いされたのかもしれません。
 
 

結婚して嫁や子供がいる?

 
 
これに関しての情報はありませんが、
 
 
現在70歳ですからね
普通で考えたら、
結婚しているでしょうね。

 
 
亭主関白で子煩悩そうな
感じもしますが・・・
 
 
年齢が70歳となれば、
もう「孫がいてもおかしくない」
と感じますが・・・
 
 
でも、今後の事考えて
もし、子供や孫がいたとしたら
こんな事はしないと思います。

 
 
こんな事件を起こせば、
「子供や孫の仕事にも影響が出る」ので
そこは控えると思います。
 
 
それに、「家族に反対」されそうな気がします。
 
 
そう考えると意外に、
独身で、今まで自由な生活を
満喫していたのかもしれません。

 
 
そのため、誰も歯止めを
してくれる人がいなかったために
この様な逮捕劇を招いたのかも知れません。
 
 
それにしても、
やっぱり、大阪は怖い街だなと
感じました。
 
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links