関西学院大学VS日本大学

アメフトの試合で
「悪質タックルをした」
という
事でニュースになっていましたが
 
 
あれは、すごい衝撃映像でした。
 
 
今回は、
「悪質タックルをした選手」
「何罪に問われるのか?」
「傷害罪の可能性は?」
について調べてみようと思います。
 

Sponsored Links

 
 
日大アメフト部の今後の対応や記者会見の時期はいつ頃?大量退部の可能性や部の存続はどうなる?
 

悪質タックルをした日大選手は誰?

 
まずは、その時の映像があります。
 

出展元:サンスポコム(youtube
 
 
このタックルが
試合途中なのかとも思ったら
なんと
「試合開始直後」
というので正直驚きました。
 
 
しかも、
このような危険な行為を
3度も行っていたというのは
正直驚きました。

 
 
サッカーで言えば、
「レッドカード」
が出て
「一発退場」
のような気がしますが
これで直ぐに退場にならなかったというのも
ちょっと疑問です。

 
 
タックルをされたのは
関西学院大学のQB(クォーターバック)の選手
すでに、ボールを手から離しているのにも
関わらず、
 
 
思いっきり、
日大の選手がタックルに行ってます。
 
 
先ほどの動画から
背番号を見てみると
「91番の選手」
のようです。
 
 
この方の名前は
日本大学のアメフト部の
ホームページを見ると
直ぐにわかります。
 
 
それにしても
「どのスポーツでも
スポーツマンシップに
乗っ取って競技を行うのは同じ」
ですし
「あのタックルはとても危険で、
看過できるものではありませんね」

 
 
ベンチに戻ってからも
怒られる気配が無かったので
選手が単独でやったのではなくて
 
 
「あれは、監督からの指示」
というような話も出てきます。
 
 
それにしても
いくら監督の指示とはいえ
「大学生ともなれば
少しはやっていい事と
悪い事の分別が付きそうな感じ」
もしますが・・・

まして、
ルール上
「危険なので反則」
という事はしっていたはずです。
 
 
タックルをした日大の選手は
その後泣いていた
とも言われています。
 
 
また、本人は
「アポなしで関学に行って謝罪
しに行ったけど門前払いをくらってしまった」

そうです。
 
 
もしかすると、
本人はこんなに大事になるとは
思っていなかったのかもしれません。

 

Sponsored Links

 

何罪に問われる?傷害罪の可能性は?

 
今回、
タックルを受けた選手は

「第2・第3腰椎棘間(きょくかん)靱帯(じんたい)損傷」」


で全治3週間と診断されています。
 
 
あれ、
脊髄損傷とか下半身不随とかになりそうですし
一歩間違えると、生命の危険を感じそうです。
 
 
相手を倒す格闘技ではないので
断じて許される行為ではないと思います。

 
 
試合中のラフプレーとは
まったく違います。
 
 
一歩間違えると
「生命を危険をおびやかす行為」
です。
 
 
現在、怪我を受けた側が
警察に被害届をだすのではないか
という噂も出ています。

 
 
今回、警察に被害届を出した場合
「タックルをした選手はどんな罪に問われるのか?」
 
ツイッター上では


 


 
 
「傷害罪になる」
という意見と
 
 
「傷害罪は難しい」
と言う意見と
二つに分かれました。

 
 
「傷害罪」が難しい
と言う理由は
 
 
スポーツ等で
「傷害罪に問われるケースは少ない」
ようです。
 
 
ただし、
あまりにも悪質な場合は
傷害罪に問われるようですが

 
 
今回はタックルという
「プレー中の出来事なので難しいのではないか」
という事です。
 
 
ただ、後遺症等が残れば
「民事で高額な損害賠償」
という事は
あるようです。
 
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links

 
 
関連記事
日大アメフト部の今後の対応や記者会見の時期はいつ頃?大量退部の可能性や部の存続はどうなる?
日本大学のアメフト部が関西学院大学のクォーターバックに対して  危険なタックルをした事で波紋を呼んでいます。  関西学院大学は日大からの謝罪...