ソフトバンクのCMが
2017年になってまた新たに変わりました。
 
 
ソフトバンクのCMの
物語はいつまで続くのだろうと思います。
 
 
auのCMは三太郎シリーズで続いていますが、
ソフトバンクは数回でCMのパターンが変わります。
 
 
今回新たに発表されたCMはこちら
広瀬すず&大原櫻子、CMでジャスティン・ビーバーと“共演” ソフトバンク新CM「宣言」編

出展元:maidigitv(youtube)
 
 
そういえば、今回のCMで
広瀬すずさんが出ているのは分りますが
一緒に広瀬すずさんと
共演している女性の人は誰なんでしょう?

 
 
共演している女性の名前は
 
 
「大原櫻子」さんです。
それでは調べてみましょう
 

Sponsored Links

 

大原櫻子さんのプロフィール

 


 
出身地は東京で
1996年1月10日生まれ
現在21歳
 
父親は、「ザ!世界仰天ニュース」等の
ナレーターを務める「林田尚親」さん
 
 
ここで
「あれ?」
「父親の苗字と違うって変じゃないですか?」
 
 
もしかして、大原櫻子って芸名?それとも結婚している?

 
 
なぞはすぐに解明されました。
 
 


 


 
 
この2つのツイートからも分るとおり、
 
 
どうやら、「大原櫻子」ってのは芸名のようです。
本名は「林田さくらこ」さんのようです。
 
 
どうして、「林田さくらこ」って
言わなかったんでしょうね?
 
 
「林田」って使うとどこにでも
ありそうな苗字って感じがあるから
埋もれてしまいそうな感じもしますし・・・
 
 
たしか、岡田圭右さんの娘さんの
岡田結実さんが親の七光りと思われたくなくて
たしか、父親の事を隠していたっていうから
 
 
同じように、もしかすると、
父親と比較されたり、
親の七光りを嫌ったのかも知れませんね。

 

Sponsored Links

 
小学生の時に「アニー」と「ミス・サイゴン」の映画を見て
女優に憧れ、夢は「ブロードウェー」
だったというから驚きです。
 
 
歌謡曲とかはほとんど聞かず、
ミュージカルの歌にはまっていたようです。
 
 
常日頃から歌を唄っていたので
歌=日常生活
だったらしいです。
 
 
出来れば、歌手と女優業を両立して
「歌える女優」を目標としていますが
歌手よりも女優に憧れているみたいです。
 
 
そのため、ダンスやバレエはもちろんの事ながら、
水泳をはじめ
幼い頃からクラシック音楽を習っていたので
ピアノや歌等も得意としています。
 
 
大体、こういう風に女優とか目指している人って
幼少期からピアノやバレエなんかしていますよね。
 
 
中学生になると、
ダンス発表会のリハーサルで
テレビ関係の人にたまたま声をかけられて
ダンサーで芸能界入りしたようです。
 
 
ここでテレビ関係者の人に
会わなかったら、芸能界入りしていなかったかもしれないので
やっぱり、芸能界とのつながりって運とかもあるんですかね?
 
 
それと、よっぽどダンスに眼を見張るものがあったんですね
 
 
でも、本人としては、ダンサーではなく
女優としてやっていきたかったので
女優としてスカウトされて事務所入りしたらしいです。

 
 
高校には行ってから、歌のほうもしっかり行いたいために
ボイストレーニングを開始したそうです。
実はギターも弾けます。
 
 
これが彼女の歌声です。
 
 
大原櫻子 – 瞳(アカペラver.)

 
 
めっちゃ声通りますね
これだけ声が通れば、
ミュージカルには申し分ないですね
 
 

大原櫻子の出身高校

 
 
明らかな事は分っていませんが
大原櫻子さんは
「桐朋女子高校」ではないかといわれています。
 
 
この学校は規則が厳しく
芸能活動について認められていないので
退学したのではないかとも囁かれています。

 
 
もともと、女優になりたかっのに
なぜこんな、規則の厳しい
高校を選んだんでしょうね?
 
 
最初の所属事務所は、「藤賀事務所」であったが
現在は「フジパシフィックミュージック」に所属しています。

 
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links