小西洋之議員が
「お前は国民の敵」
だと
「自衛官と名乗る男性」
からののしられた
という
ニュースが飛び込んできました。
 
 
これは自衛官が
「自民党意外は国民の敵」
と言ってるようなものです。
恐ろしい世の中になってきましたね。
 
 
罵声を浴びるまでの流れ
としては
 
 
16日の午後9時前に
「帰宅した後のランニング」
をしている最中に、
この幹部自衛官は
 
 
「小西だな」
と言い放った後に
 
 
自分が現職の
自衛官である事を伝えながら
繰り返して罵倒した様子。

 
 
その後警備に当たっていた
複数の警察官が集まっても
「気持ちが悪い」
といってののしり続けた様子。
 
 
こんなツイートが


 
 
野党の国会議員を「国民の敵」
というのを
「自衛官幹部が発言する」
というのは
前代未聞ですし
恐ろしい話です。
 
 
ある意味
「自民党意外の人間は敵」
というのが
「自衛隊内に浸透」
しているのでは
ないかと言う危惧さえ感じます。

 
 
この出来事を
喜んでツイートをしている人を
見かけますが
 
 
「これは戦前のような恐ろしい事態になりかねない」
と危惧されている方もいます。
 
 
これはある意味
「クーデター行為」
とも取れます。

 
 
この出来事がどれだけ
恐ろしいことなのか
危機感を感じていない
国民には恐怖を感じます。
 
 
喜んでいる人や危機感のない人は
「ゆとり世代に生まれた人」
に多いのではないかなと思われます。
 
 
今回の行動を見ると、
「稲田元大臣」

選挙の際に
「防衛賞、自衛隊、大臣としてもお願い」
とした発言を思い出します。
 
 
今回の事態を見ると
 
 
完全に「自衛隊」は
「自民党」の「軍隊」
と言われてもおかしくない
事態になっているような気がします。

 
 
過去に稲田大臣が
あの発言をされた際には
「全自衛官が自民支持と誤解されるのでないか?」

「中堅幹部は憤っていた」
はずですが
 
 
この様な事態が起こると
 
 
やっぱり、
「稲田元大臣が発言」
していた通りに
「自衛隊は自民党を応援しているのでは?」
とさえ思えてきます。
 
 
「自衛隊員」は「政治的に中立」
でなければならないはずなので
「特定」
の政党を指示してはいけない事に
なっているはずです。

 

Sponsored Links

 

罵倒した自衛官とは一体誰

 
こんなツイートを発見!


 


 


 


 
現職の幹部自衛官と言ってるが
「武官」
らしい。
30代で3等空佐なのでエリート自衛官。
一つ気になるのが
「統合幕僚監部指揮通信システム部」
 
 
「通信システム部」
という事はネット情報等も
扱っているはずです。
 
 
さすがに名前までは公務員なので
公にはされていません。
 
 
ネット界隈では
「小西洋之議員に対する批判ツイートがかなり拡散」
しています。
 
 
仮にそれに看過されたのであれば
この自衛官の行った行為は
「断じて許される行為ではない」
と思います。
 
 
なんだか
最近、
「こういうエリート」
に限って
「意味不明で不可解な」
行動を起こすので
本当に怖い感じがします。

 

Sponsored Links
Sponsored Links

 

自衛官の今後の処分

 
 
この自衛官の処分は
今後どうなるんでしょうか?

 
ネット上の声は・・・


 


 


 


 


 
 
「自衛隊法違反」
という事もありますし
前代未聞の行為なので
間違いなく、
「厳しい処分が下される」
気がします。
 
 
違法でありながら
処分が無いとなれば
それこそ大問題になると思われます。

 
 
「この自衛官の処分を軽くする方法がないのか?」
とツイートしている人達もみかけます。
 
 
最近では、
「違法や間違っている事が明らか」
になっているにもかかわらず
 
 
ネットの力でなんとか
処分を軽く出来ないかという
ツイートが目立ちます。

 
 
また、
「違った方向に話を逸らし論点をずらす」
ツイートもよく見られます。
 
 
自分の味方であれば
どんな違法行為があっても
 
 
ネットの力を使って
処分させないように
しようとするのが
恐ろしいですね。

 
 
こんな事がまかり通っていては
もはや法治国家としての
体制が危ういのではないかなと思われます。
 
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links